February 13, 2017

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

エミリアから新たな大物生産者"アンドレア・チェルヴィーニ"ついに入荷!!新ワイナリー紹介第一弾!

October 9, 2018

 今年もトレジャーに新たな生産者がやってきました!なんと3蔵同時入荷…色々と準備が大変でしたがついに日本に到着しました!

 

 

 

 

 

 

さて第一弾はエミリアの巨象(とある方の素敵な表現を拝借しました)、モジャモジャおひげがキュートなエミリアのラスボス(かも?)アンドレア・チェルヴィーニです!

彼のワインを初めて飲んだのは仕入を担当してまだ1年目くらいの頃。トレジャーの輸入するもう一つのエミリアの生産者"クアルティチェッロ"のロベルトと同じタイミングで出会いました。とある会場でロベルトの隣でワインをサーブしていたのがこのアンドレア。同じマルヴァジア・ディ・カンディアを用いたマセラシオン強めのワインを造る2人ですが、その質感は面白いくらいに違いました。クアルティチェッロ→アンドレア・チェルヴィーニの流れでマルヴァジア・ディ・カンディアの強烈な香りとタンニンの洗礼を浴びました…

 

 

 

同じカンディア種を用いたクアルティチェッロ・レモーレ

アンドレアとロベルトはもちろん友人

 

 

ロベルトのレモーレは華やかでまさにレモン&ダージリン。約3週間のマセラシオンで葡萄は一部乾かして凝縮させています。強いタンニンはありますがどこか優しくてざっくり感があり親しみやすさに惚れました。今ではトレジャーの中で人気ワインとして存在感を放っています。

 

 

 

 2014年当時のアンドレアのビアンコ。ラベルが今と少し違いますがちゃんとゾウさん有り

 

 

対してアンドレアのポッジョ・ビアンコは香りも味わいも深く重心低め。鮮烈なテンションの高さは共通していますが、逞しいボディで色々詰まりまくった熱量の高い味わい。とても熟していて、カンディア種の「レモン紅茶感」から次のステージに入った複雑さ。果実味も強靭で口の中でタンニンと共に大暴れ…リミッターを解除したような強烈なマルヴァジア・ディ・カンディアでした。

 

価格も違うしVTも違いお互いの良さがありますが、アンドレアのワインには特にこれから先のポテンシャルやスケールの大きさを感じました。バルべーラ&ボナルダも一見素朴だけどアグレッシブな旨味とエキス感があり集中力はとても高い。非凡なワイナリーという事に疑いの余地はありませんでした。とにかく堂々としたワインで迫力満点、当時の自分は少し臆してしまいました…イタリアまだまだこんなすげーワインがあるのかよ…恐ろしい…それほどのインパクトでした。

 

 

 

ちなみに4年前のアンドレアはツルツルでした!

見事なイメチェン!!

 

 

 

月日は経ち、昨年エミリアで彼と再会。あの時圧倒されたワインの凄みは健在、相変わらず凄いワインだな、と再確認。2014年当時彼のワインに衝撃を受けた感情が再び刺激されてきました。この頃くらいからアンドレアのワインを知る人達から、まだ彼のワインが日本にしっかりと輸入されていない事への嘆きの声を良く聞くようになり、自分も同意見でうなずくばかり。なんだか気になってしょうがなくなりました…

 

 

 

 2015年VTビアンコ。素晴らしく濃い外観、そして控えめなゾウさんがとても可愛い

 

そして今年の6月イタリアで彼のビアンコ2015年VTをテイスティングする機会に恵まれました。ローマのとあるワインバーでボトル空けるのをずーっと悩んでいると、何を勧めても悩んでいる自分に痺れを切らした店主が「しょうがない…とっておきがある!」と地下セラーから持ってきたのがアンドレアのビアンコでした。もちろん迷わずにオーダー。そしてその研ぎ澄まされた味わいに感動!進化していました…強烈な味わいに変わりはないのですが色々とやんちゃだった部分が整い、「余計な心配はいらないぜ」とワインが自分に語りかけているようでした。ここまできたら何か運命のような気がしてきて、店主にお願いしてラスト1本を購入し帰国後にトレジャーのみんなでテイスティングをしました。文句なしで「輸入したい!」と、意見はすぐにまとまり、あらためてアンドレアに連絡を取りました。そしてきちんと日本に到着!ようやく出荷開始となりました。

 

果皮に強烈な個性があるマルヴァジア・ディ・カンディアを半年間のマセラシオン…赤ワインも2ヶ月間マセラシオン…ビアンコが2015年、ロッソは2013年が現行VT。

たっぷりと時間をかけてから出荷される彼のワインには雄大さと寛大さがあります。そして畑での仕事ぶりも感じさせる素朴さも兼ね備えています。エミリア屈指の造り手の1人だと個人的に信じています。出会いから輸入を始めるまで時間はかかりましたが、その分これから頑張って日本中に届けていきたいです。

 

 

 

 

 

最後に今回入荷するラインナップをご紹介

 

・ヴィーノ・デル・ポッジョ ビアンコ 2015 マルヴァジアディカンディア100%

 

・ヴィーノ・デル・ポッジョ ロッソ 2013 バルべーラ100%

 

・ヴィーノ・デル・ポッジョ ナヴェル 2012(2010、2011) バルべーラ&ボナルダ

 

以上の3種。ナヴェルは()内の古いVTも少量入りました。

10月12日からいよいよ出荷開始です!

 

出会いの話しばかりで細かい情報あまり書きませんでしたが、とにかく強烈な美味しさを持ったワインなのが伝われば幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Black Instagram Icon