ロンバルディア州カ・デル・コンテ訪問

今年の4月に久々に新VT&新ワインが入荷したロンバルディア州カ・デル・コンテ。昨年の4月に訪問した時の記録です。計3回目の訪問で見れたのは彼らの醸造所。以前までは少し離れた町の醸造所を借りてワインを造っていましたが、昨年念願の自前醸造所が完成したのです。コンパクトながら衛生的でとてもかっこいい醸造所に感動しました。ほぼ実家に里帰りした息子のような気分で書いた内容ですので気軽に見てください。 新しいカンティーナ!! が、完成してました。カッコいい…前回2017年の時は工事中でしたので感慨深いですね。畑は目の前。収穫してからダイレクトで醸造に入れるようになりました。これは今後の彼らのワイン造りにおいてめちゃくちゃポジティブなことだと思います。 うーん…天気が悪い…僕は本当に天候に恵まれておりません…雨ごい必要な方はぜひお声がけください。 天気が良いときはこんな感じで美しいです。写真はピエモンテ在住のS木さんからのご提供です(^^)。畑は無農薬は無農薬栽培。もともとこの地域の環境保全プロジェクトの一環としてパオロがこの畑を任されました。そして自身でワインも造っているのです。なだらかな傾斜でカンティーナから畑が一望できます。僕が初めて訪問した2016年、雨が少なく困っていた時に僕が訪問したら次第に雲行きが怪しくなり大雨が降り始めたのはこの地ではもはや伝説となり語り継がれているそうです。 こちらも最近完成した来客者用のテイスティングルーム。ここでこの日は食事を頂きました。普段は仕事で忙しく会えてなかった娘のマルティーナも一緒に迎えてくれました。 味の濃いサラミ。脂も大きくてこういうサラミ

タグから検索
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Black Instagram Icon