カラブリア州チロ・マリーナから革命的なガリオッポを生み出す"テヌータ・デル・コンテ初入荷!!新ワイナリー紹介第三弾!!

2018年 新着ワイナリー紹介最終回です!最後の生産者はカラブリア州の"テヌータ・デル・コンテ"です!今回の新着ワイナリーはどれも濃いメンツですが、その中でもテヌータ・デル・コンテのガリオッポは異彩を放っています。 トウガラシの名産地であり、僕の好きなイタリア人サッカー選手だった"ジェンナーロ・ガットゥーゾ"(現ACミラン監督)の生まれ故郷でもあるカラブリア州。みんな大好き"ンドゥイヤ"も魅力的ですね。コックの時に"ンドゥイヤ"を使って野菜のパスタを造ったら"ホイコーロー"みたいな味になって切なくなったのは良い思い出です… カラブリア州はイタリア本島の最南端、州都カタンザーロはマテーラから南へ196km、ナポリから東南へ293km、パレルモから東北東へ約295km、首都ローマから東南へ約483kmの距離…どこからも遠いじゃないか…そんなわけでなかなか行く機会もなく、ワインも未知のエリアでした。 2年くらい前にとある生産者から噂を聞き、色々な巡り合わせで出会えましたが、チロ・ロッソを飲んで本当に驚きました。ガリオッポの個人的なイメージとしては比較的繊細でやや淡い質感になる品種だと思っていましたが、テヌータ・デル・コンテのロッソは非常に濃密…へヴィーではないのですがしっかりとした詰まり具合。何より独特の酸化熟成感がポジティブに味わいと香りに溶け込んでいてメチャクチャ美味しいのです。 上の写真の女性が醸造を行っている"マリアンジェラ"。父フランチェスコと共にワイナリーを運営しています。法学部を卒業した彼女ですが、ワインや葡萄が与える感動に魅せられました。また、カラブリアという土地のこ

カンパニア古来品種の鮮烈な個性!自然の楽園の守護神"シルヴァ・プランタリウム"新ワイナリー紹介第二弾!!

2018年新着ワイナリーのご紹介第二弾はカンパニアのオールドルーキーシルヴァ・プランタリウムです!カンパニア州サレルノ県トッレ・オルサイアにワイナリーと畑を構える生産者です。サレルノと言ってもサレルノ中心からは非常に離れており、バジリカータ州との境に位置するようなまさにカンパニアの最深部。 今回のイタリア出張前からリサーチしていたのですが、全くテイスティングをしたことのない未知の生産者でしたし、このトッレ・オルサイアの位置を地図で見た時にすごい場所にあるんだな…と不安になりました。 すでに取り組んでいるジョヴァンニやカンリ―ベロを訪問してからサレルノ駅から電車で3時間近くかけて美しい海岸のある"サプリ"という駅の街から山を車で30分ほど登ると彼らのカンティーナに到着。サプリは海があり、時期によってはイタリア人観光客もたくさん来る賑やかさがありましたが、トッレ・オルサイアは山、森、自然!という全く印象の異なる場所でした。 シルヴァ・プランタリウムの畑。付近の山が見渡せる雄大な自然の景色 元々は植物の苗木を栽培して販売する農園として運営されていました。 とにかく鮮明な緑が美しい場所で、最初に思った感想は「まるで自然の楽園や!」でした。 カンティーナで出迎えてくれたのは当主のマリオ・ドンナベッラ。年齢は70歳を超えていて話し方や振る舞いなど落ち着いた魅力を感じました。 彼は若い時からこの場所で先祖から受け継いだこの農園で自然と共に働いていましたが、ワイン醸造は2014年から開始したまさにオールドルーキーです。 ルーキーとは言え付近の自然への知識や接し方はまさに大ベテラン!説得力のある

エミリアから新たな大物生産者"アンドレア・チェルヴィーニ"ついに入荷!!新ワイナリー紹介第一弾!

今年もトレジャーに新たな生産者がやってきました!なんと3蔵同時入荷…色々と準備が大変でしたがついに日本に到着しました! さて第一弾はエミリアの巨象(とある方の素敵な表現を拝借しました)、モジャモジャおひげがキュートなエミリアのラスボス(かも?)アンドレア・チェルヴィーニです! 彼のワインを初めて飲んだのは仕入を担当してまだ1年目くらいの頃。トレジャーの輸入するもう一つのエミリアの生産者"クアルティチェッロ"のロベルトと同じタイミングで出会いました。とある会場でロベルトの隣でワインをサーブしていたのがこのアンドレア。同じマルヴァジア・ディ・カンディアを用いたマセラシオン強めのワインを造る2人ですが、その質感は面白いくらいに違いました。クアルティチェッロ→アンドレア・チェルヴィーニの流れでマルヴァジア・ディ・カンディアの強烈な香りとタンニンの洗礼を浴びました… 同じカンディア種を用いたクアルティチェッロ・レモーレ アンドレアとロベルトはもちろん友人 ロベルトのレモーレは華やかでまさにレモン&ダージリン。約3週間のマセラシオンで葡萄は一部乾かして凝縮させています。強いタンニンはありますがどこか優しくてざっくり感があり親しみやすさに惚れました。今ではトレジャーの中で人気ワインとして存在感を放っています。 2014年当時のアンドレアのビアンコ。ラベルが今と少し違いますがちゃんとゾウさん有り 対してアンドレアのポッジョ・ビアンコは香りも味わいも深く重心低め。鮮烈なテンションの高さは共通していますが、逞しいボディで色々詰まりまくった熱量の高い味わい。とても熟していて、カンディア種の「レモン

タグから検索
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Black Instagram Icon