密かに新ワイナリーとして加わっていたアルト・アディジェ州ボルツァーノ・プランツェッグをご紹介!!

2019年に密かにトレジャーのカタログに名を連ねていたアルト・アディジェのプランツェッグ。主に2018年6月に初訪問した時の事を振り返りながら紹介していきます。あらかじめお伝えしますが、セーテの時と同じく文章長いです。それほどプランツェックのワインとの出会い、山々を望むボルツァーノの美しい町並みは僕のイタリアワイン人生に大きな期待と幸福を与えてくれました。本当に素敵な町だったので新婚旅行先の候補にしたいと思います。 さてこのプランツェック、トレジャーカタログをご愛読頂いている方々はちゃっかりと気付いていたかもですが、現在まで試飲会出品や案内など一切行っておりません。その理由は入荷したてのワインを試飲してみて、まだ寝かせておきたいと感じたからです。もちろんその時でもワインは美味しく、本当に素晴らしい生産者だと思いました。でもどこかおとなしい状態。このワインは正直安くはありません。希少な生産本数のワインを現状のおとなしい状態で試飲会等に出して、価格に見合ってる、見合っていない、といったコスパの面でドライに評価をされるのは悲しいなと。このまま紹介したら高確率でそうなるなと思い、半年~1年くらい寝かせてみよう、と決断しました。僕が訪問した時の感動と興奮がまだ鮮明なうちにカタログの文章を起こしたかったので入荷のタイミングでカタログラインナップには加えました。ただ、上記の通り営業活動は無し、問い合わせやオーダーを希望してくれた方にはその旨を伝え、それでも欲しいと言って頂いた方々には販売させて頂きました。そうした中で元々入荷本数の少なかった一部のワインはほぼ完売していきました。 日本に届いて

シチリア州アルド・ヴィオラ:来日できなかった~!!なのであらためて記事書きました。

今回は3月の来日ツアーが中止になったアルド・ヴィオラです。ほとんどのイベントは中止になりましたが3/2の東京試飲会のみ業務向けのイベントを行うことになりました。社内でも本当に難しい判断でしたが、一部の方々から心強い励ましとアドバイスをいただき開催を決意することができました。小規模になりましたがいつもよりもだいぶ集中した試飲会にできたと思います。このような混乱の中ご来場いただいた皆様には心より御礼申し上げます。ご来場できなかった皆様にも必ずまた来日の機会を作ってアルドに会ってもらいたいと願っています。 本来は彼から直接いろいろな言葉を聞けるはずでした。それができないのは私たちにとっても非常につらいことです。でも、だからこそアルドの代弁者として日本の輸入と販売をしているトレジャーが気合入れて活動しなくてどうする!と強く思いました。東京試飲会、一部のワイン会は少しだけ形を変えてアルド抜きでも開催することになりました。そしてアルドも私たちのそんな気持ちに応えてくれました。来日中止を決めた翌日にアルドから日本の人々に向けた動画メッセージを送ってくれました。さすがに当日話すこと全てとはいきませんが、自分の畑に出てワインや畑の説明している姿を送ってくれたのです。日本に来れないことは彼もとても残念に感じてくれていて、迅速に誠意を見せてくれたことに私たちはとても感動しました。アルドは畑、ワインに対する愛情が恐ろしく強い人です。それと同時に自身のすべてだと語るワインを好きな人、愛してくれる人には同等の愛を与えてくれる人でもあります。今回の出来事はそんなアルドの人柄にあらためて心をつかまれることにな

タグから検索
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Black Instagram Icon