top of page

秋の新着ワイナリーその1アブルッツォ州    ~ラシッチ Rasicci~


今月新入荷のワイナリー2蔵目のご紹介です!

今年の6月、アブルッツォ州の自然派モンテプルチャーノを兄弟二人三脚で醸造する「ラシッチ」のご紹介記事を書きます。

トップ写真右側が兄で当主のエマヌエーレ。左が弟のピエロ。

建築デザイナーを本業としつつ兄のワイナリーをサポートしています。彼らとは昨年11月のイタリア出張中にとあるディープなイベント(身の危険を感じるような会場でした…)で出会いました。とてもナチュラルかつ超攻撃的なモンテプルチャーノに惹かれ、今回のワイナリー訪問を決意しました!

訪問初日、ボローニャでの仕事を終えて電車でアブルッツォへ。なかなかの長距離移動でしたが、この日はメチャクチャ良い天気で海を眺めながらの気分の良い移動でした♪どこまでも続く海岸と海の家(っぽい店)を眺めていると、毎度のことですが仕事でイタリアに来ているのを忘れてしまいそうでした汗)

ラシッチのエマヌエーレとは駅で車ピックアップの約束。少し早く着いたので、小腹を満たす為にパニーニを少々頂き待つことに(^.^)顔合わせ前にビールを飲んだのは秘密です。

待ち合わせ時間とほぼきっかりにエマヌエーレが到着。約半年ぶりの再会となりました。

車で30分くらい山道を登りワイナリー到着。海からかなり近い!ワイナリーから海も見えて壮観!素敵な場所です。ワイナリー運営と共にアグリツーリズモも行っているラシッチ。とても素敵な可愛い佇まいです。

この日は宿泊でもお世話になります。

プールもあり、彼らの畑とアブルッツォの山々を一望できます!もちろんプールでは遊びませんでしたが、きっと超気持ちいことでしょう^^;

カンティーナ到着後に畑を見学する前に、エマヌエーレが彼らのアグルツーリズもに併設している可愛いミュージアム(といっても小屋みたいな感じです)を案内してくれました。

昔の農工具や生活道具が展示されています。

これは衣類を織る道具

布を織っている当時の写真も展示されていました。昔の女性達の大事な仕事だったそうで