top of page

青春の輝きを感じる造り手!ラツィオ州プリヴェルノのスリーピースワイナリーSETE初上陸!

2019年もトレジャーに新たな造り手が加わります!ラツィオ州の小さな町プリヴェルノから若い3人で活動するワイナリー"SETE"です。今回ブログちょっと文章が多く長いです。紹介というよりは彼らのワインが好きになった、すごく気になる!という方になるべくたくさんの情報を提供したいと思いバランスあまり考えずに書きまくりました。ご了承ください。基本今年4月に訪問した時の話と写真で書いていきます。

右からエミリアーノ、アルカンジェロ、マルティーナ

笑顔の写真から溢れ出る仲の良さ、リーダー格のエミリアーノはボルセナのレコステで3年間働いていた経験を持ちます。レコステを離れたあとに地元プリヴェルノに戻り、アルカンジェロとマルティーナとパブで出会います。パブってとこがとても良い感じ。エミリアーノからナチュラルなワインを教わった2人は彼と共にプリヴェルノでワイナリーを結成する事になります。こういうめっちゃバンドっぽいストーリー大好物。

畑に生息するセーテ犬のフェデリカ。実質4人目のメンバーです。足が短くて可愛い…

エミリアーノはプリヴェルノから2005年にローマに移住。ローマ大学でコミュニケーション科学、企業コミュニケーション・マーケティング学部を卒業。その後ローマ大学院に進みました。専攻した分野に関してはイタリア語から訳すのが非常に難しいテーマでしたがトレジャー葵が一生懸命訳してくれました。おそらく人と人の繋がり、組織を形成した中においても個々の魅力をクローズアップし、それによってビジネスへの人類学的なアプローチを行う、というような内容。ちょっとわかりづらいな…これは自分の言葉不足です。とにかくかなり興味深いエミリアーノの学歴は今のセーテが誕生したことに非常に大きく関わっていると感じました。まさに今彼が中心になり、プリヴェルノで人々の新たな活動を先導しているからです。 大学院を出てから観光やエノガストロノミー(ワインを意味する「エノ(Eno)」と、美食学・料理法などを意味する「ガストロノミー(Gastronomy)」とを組み合わせた造語で上質な食文化を楽しめる場所という意味。)の仕事に関わり、その後ビオロジック分野の仕事でも働きました。2010年~2012年まではボルセナ湖のレコステで働き、その影響でSo2を加えない自然なワインに魅了されました。その後レコステを離れ自身の故郷プリヴェルノに数年ぶりに帰郷します。エミリアーノは自身のこれからの生き方を見つめ直します。そんな中、町のビアパブでアルカンジェロとマルティーナと出会い、彼の新たなストーリーが始まるのです。

ラティーナ県にあるプリヴェルノはちょうどローマとナポリの中間に位置するやや内陸側のエリア。周囲を山に囲まれ、その先には海があり風に運ばれた砂が大きく影響した土壌です。ワイン産地としては非常に小規模。葡萄よりも野菜や果物、オリーブ、そして土に多量に含まれるケイ素を原料としたガラス製造&採掘が盛んな町でした。30年ほど前からイタリアも大きく変わっていき、地元の人々は事務仕事が主になり、多くの若者は仕事を探しに町を出て行くようになったそうです。そういった経緯でこの町の畑は手入れされずに残されていました。しかしそれがある意味セーテ達のワイン造りに良い状況を生み出しました。それは多くの畑が企業的なワイン造りの介入を免れ、農薬散布や土をいじったりなどはなく、樹齢も高い樹がごろごろと残ったのです。エミリアーノ達はこれに活路を見出し、町の畑の所有者(主に高齢な方々)に協力を仰ぎ、プリヴェルノでナチュラルなワインを造りを通じて土地の自然と人々を再生させる、農業・社会・文化的なプロジェクトとして動き出すのです。2013年から活動を開始、畑レンタルの交渉や、準備に4年間費やし、2017年に醸造したワインから販売を開始しました。このとき最初の顧客取得に一役かってでてくれたのがレコステのジャン・マルコ。彼主催のイタリアでのサロンに呼ばれ、試飲した関係者から大きな反響を得ました。ちなみにこのサロンの参加者はジャン・マルコらしくほとんどがフランスの生産者。イタリアで参加した生産者はセーテとカンパニアのカンリーベロだけだったそうです。ジャン・マルコからはワイナリーを始める時に「お前がワインを自分で造る?そんなん怖くて考えたくないわ!!」と言われたそうですが、その後、「大切なのはワインに何も加えない事だよ。」とエールを送ってもらえたそう。僕のイメージでは破天荒なジャン・マルコですが意外に面倒見よいのかな?と思った良いエピソードでした。エミリアーノは彼をとても慕っており、ワインにもかすかにレコステのDNAを感じる時があります。ワインを初めて販売する時にジャン・マルコやラミディアに相談して、助けもあり、ネットの力もあり運よくワインが流通していった、と感謝していました。

赤土を多く含む土を見せてもらいました。色でわかりますね。この中にガラス加工の原料のケイ素がたくさん詰まっています。少し湿ったような柔らかさがあり、香りが深い。これにより根が地中深くに届き、フィロキセラの害を免れた樹もすこし存在します。非常にポジティブな土壌をしていると感じましたが、彼らの畑には一つ厳しい条件がありました。それは春~夏にかけての基本的な雨量の多さ、湿度の高さ、9月以降はさらに雨が多くなるので収穫は基本的には8月中に行わなくてはいけません。こういった環境で育つ葡萄は糖度が余り上がらない、アルコール度数の低い"軽いワイン"になってしまうのです。しかしエミリアーノはプリヴェルノをこう表現しました。「偉大なワインは生み出せないエリアかもしれない」ですが、「ここで仕事を始められた事は逆に幸運だった」と言いました。自分達が好きなワインが優しく軽く美味しくあるワインだからです。地域のテロワールに逆らう事無く"軽い"というワイン造りに集中することにしたのです。しっかりしたワインも造れなくはない、でも土地の特性を割り切って貫いたスタイルの結果、彼らのワインは確かに軽やかですが、マセラシオンによる果皮のアロマティックさと優しい旨味を備えた、飲み手にワインで喉を潤す喜びを与えるまさにワイナリー名に繋がるような極上の飲み心地を実現させています。