top of page

カンパニア古来品種の鮮烈な個性!自然の楽園の守護神"シルヴァ・プランタリウム"新ワイナリー紹介第二弾!!


2018年新着ワイナリーのご紹介第二弾はカンパニアのオールドルーキーシルヴァ・プランタリウムです!カンパニア州サレルノ県トッレ・オルサイアにワイナリーと畑を構える生産者です。サレルノと言ってもサレルノ中心からは非常に離れており、バジリカータ州との境に位置するようなまさにカンパニアの最深部。

今回のイタリア出張前からリサーチしていたのですが、全くテイスティングをしたことのない未知の生産者でしたし、このトッレ・オルサイアの位置を地図で見た時にすごい場所にあるんだな…と不安になりました。

すでに取り組んでいるジョヴァンニやカンリ―ベロを訪問してからサレルノ駅から電車で3時間近くかけて美しい海岸のある"サプリ"という駅の街から山を車で30分ほど登ると彼らのカンティーナに到着。サプリは海があり、時期によってはイタリア人観光客もたくさん来る賑やかさがありましたが、トッレ・オルサイアは山、森、自然!という全く印象の異なる場所でした。

シルヴァ・プランタリウムの畑。付近の山が見渡せる雄大な自然の景色

元々は植物の苗木を栽培して販売する農園として運営されていました。

とにかく鮮明な緑が美しい場所で、最初に思った感想は「まるで自然の楽園や!」でした。

カンティーナで出迎えてくれたのは当主のマリオ・ドンナベッラ。年齢は70歳を超えていて話し方や振る舞いなど落ち着いた魅力を感じました。

彼は若い時からこの場所で先祖から受け継いだこの農園で自然と共に働いていましたが、ワイン醸造は2014年から開始したまさにオールドルーキーです。

ルーキーとは言え付近の自然への知識や接し方はまさに大ベテラン!説得力のある説明を聞きながらまずは畑を見て回ることに。

ルドルフ・シュタイナーや福岡正信氏の影響を受けたマリオは自然と徹底的に向き合っています。土の上には様々な花やハーブが生えています。畑の土質に関して質問してみましたが、返答するのを少しためらいながら「砂質に粘土が混ざっているが問題は土自体の質では無い。その上にある生命がどう生きていているかだ」マリオは言いました。「どういった植物や微生物が存在するのか、それらの状態はどうなのか、元気に生命が育まれているのか。そこまで考えなくては土壌の特性を理解したとは言えないんだよ」と。畑を歩いている間もマリオは色々な植物の成長を気にかけ、昨年との違いを細かく話してくれます。

彼らの畑は僕にはとても生き生きとしているように見えました。素晴らしい畑と彼の経験から生まれる話しの面白さに引き込まれ、まだワインを飲んでいないにも関わらず、期待は膨らむばかりでした。

醸造所へ移動してついにテイスティングの時間!シルヴァ・プランタリウムではたった2種のワイ