top of page

トレジャー秋の新着ワイナリー紹介①~ロンバルディア州カ・デル・コンテ~

久々のブログになりました!昨年11月、そして今年の6月にイタリア出張で見つけてきた新たなワイナリーの入荷案内です!今回はなんと3蔵一気に加わりました!汗)これから色々と大変です…が、嬉しさがそれを大きく上回る程すごいワイナリー達です!今回の記事では1蔵目、トレジャー初のロンバルディア州のワイナリー、オルトレポーの生産者カ・デル・コンテのご紹介です!!

「宇宙のピノ!!」という何ともへんてこりんで可愛いこおばあちゃんの絵、このラベルを初めて見た時はとてもわくわくしました笑

エリアはオルトレポーという事であまりナチュラルなワインのイメージがわきませんでしたが、直感的に面白そうだ!!と思いワイナリーにすぐ問い合わせをしました。イタリア出張出発の1週間前くらいだったので訪問の日程が合うか不安でしたが、奇跡的に都合が合い、訪問が実現しました!

彼が当主のパオロ64歳。

待ち合わせの駅にたどり着くまでに下車駅で車両ドアが開かないという日本では考えられないトラブルのおかげで次の駅まで行ってしまい、彼にその駅まで車で迎えに来させてしまうという最悪な顔合わせでした…

サングラスを付けたまま車から降りてきたパオロはややおっかない感じ、大きいし。

怒っているかなと心配でしたが、全然気にしていなく、サングラスを外すと優しい顔(^.^)

いきなり陽気な雰囲気でワイナリーへと連れて行ってくれました。大きいがっちりとした体型と優しい笑顔が素敵なお父さん。とりあえず人柄は良さそう、はたして彼の畑、ワインはいかなるものなのか、乗車中に期待がどんどん膨らんで行きました。

これが彼らのワイナリー。所有する畑のまさに目の前にあります。

カ・デル・コンテの畑達。すごい生命力を感じます!2003年に所有してから完全無農薬。2017年に正式にビオロジックの認証も取得しています。野生味溢れる畑で近くには森もあります。パオロはワイナリー運営を通して地域全体の自然環境の保護も考えた活動を行っています。ワイン造りに置いても土地の個性、テロワールを一番大事と考え、ブドウに何も与えない、奪わない、酵母を一つの命ととらえ、命の循環を止めないようにも薬を蒔かない。自然が元気であり続けるようにサポートする事を自らの役目と言います。

彼のワインのラベルに描かれている絵のほとんどにおばあちゃんが描かれています。これはパオロのユニークな発想が元になっていて、彼は畑の事を「おばあちゃん」と表現しています。様々な酵母=命を生み続ける畑