top of page

キャンティ・カーサディ・モンテ訪問!2017.02


前回の記事でのカルロタンガネッリ訪問後、夕方にカスティリオンフィオレンティーノを離れ再びフィレンツェに。

フィレンツェの駅で次の訪問先カーサディモンテのジェシカ&リンダと待ち合わです。

アヒルラベルのおっちゃんマルコ・タンガネッリは本当に熱心に話をしてくれました。

おかげでジェシカ達との待ち合わせ時間約2時間オーバー…

フィレンツェ戻る前に遅れる旨を電話で伝えましたが、それでも少し申し訳なく、顔を合わせるまではテンション低くなりました…しかし駅で再会したジェシカとリンダは超ハイテンションでお出向かえ!!遅れた事など全然気にせず再会を喜んでくれました。

いきなりのマシンガントーク&車ガンガン飛ばしてカンティーナのあるキャンティモンテスペルトリまであっという間に到着しました。

彼女たちのワインを輸入する事になってからも何度かフィレンツェのイベントで会う事はできていましたが、カンティーナを訪問するのは3年ぶり。訪問を心から喜んでくれていて夕食やワインの準備ばっちりで待っていてくれたようです。そんな中遅れて本当にごめんなさい…カンティーナに到着すると子供たちは我慢できずに食事を終えて遊びモードに入っていました(^^)

旦那のマッテオとアンドレアも食事を待ってくれていました!2人ともとても落ち着いていて優しい男です。

リンダとジェシカが常にハイテンションなので旦那達とのバランスは抜群なのかもしれません。

奥にあるキッチンでお母さんが料理を用意、マッテオ達が料理をぞくぞくと運んでくれます。

4年前に初めて訪問した日を思い出します。その時もたくさんのハムやサラミ、チーズでもてなしてくれました。

お昼もしっかり食べましたが一気に食欲がこみ上げてきました(笑)

断面の美しいハム…イタリアに来るといつも思うのが生ハムが日本で食べるより格段においしい…

奥はチーズ、カルチョ―フィとカリフラワー、メランザーネのソットアチェート

手前はサラミ

シンプルなトマトソースのペンネ。ニンニクも程良くトマトの甘みがシンプルにおいしい。

夏場なら自分達で栽培したトマトでソースを造れるそうで、そのトマトソースはもっと美味しいそう。

フォルマッジは別盛りで好きなだけかけさせてくれます♪

奥はビアンコスピーノ、前菜系でゴクゴクと飲んでしまいました。日本でもイタリアでも変わらず美味しい!

ビアンコスピーノは本当にこういったシンプルな食卓では素晴らしい役割を果たしてくれます。

一日疲れた身体にも優しく入って来てくれます。