Rasicci  ラシッチ

並外れた濃厚なモンテプルチャーノを生み出す異色の兄弟ワイナリー

イタリア アブルッツォ州 コントログエッラ

2003年に設立されたラシッチはアブルッツォ州テーラモ県コントログエッラにあり、所有する畑が僅か3ヘクタールの小さな家族経営ワイナリー。当主エマヌエーレと弟のピエロ2人の兄弟を中心に畑作業、ワイン醸造を自ら行っています。小さなアグリツーリズモも経営していますが、部屋数は非常に少なく主に知人のバカンスなどに使用してもらう事が多いようです。

彼らの畑はアドリア海から10kmの場所にあり標高は約230m、海からの風が山に届き自然が豊かになると言います。葡萄栽培の仕立てはコルドーネ・スぺロナート。土壌は粘土質が主体で石灰質が少し混じっています。ブドウが力強いボディに仕上がりやすい畑です。

 

最初ラシッチはエノロゴにワイン醸造を委託していて、セレクション酵母を使い、So2の添加も多いワイン醸造を行っていました。エノロゴの造るワインに特に不満は無く、エマヌエーレ自身もワイン醸造の知識がありませんでした。
が、ある時、ベルギー人の宿泊客に「ラシッチのワインを飲むと頭が痛くなる」と言われました。その事をエノロゴに相談するも話を聞きいれてくれず、不信感を持ったと言います。

エマヌエーレはワインをもっと理解しなくてはいけないと感じ、勉強の為に弟のピエロと共に各地で開催されているワインイベントに足を運びました。その時にパルマのとある生産者のワインと出会い、そのナチュラルな味わいに感動を覚えたそうです。その生産者に自分達のワインの事を相談すると、So2の量を指摘されました。初めて自然派ワインの造り手からのアドバイスを受けて、エマヌエーレはエノロゴとの契約を切り、自ら醸造を行う決心をします。

この出来事の後、エマヌエーレは醸造学を必死に学び始めました。パルマの生産者に醸造を学び、他の自然なワインの造り手のセミナーなどにも積極的に参加し、2012年から天然酵母による発酵、So2添加を抑えたワイン造りを開始します。
栽培に関してはピエモンテの生産者の門をたたき、自然な緑肥(剪定で落とした葡萄の枝)の使用などを学びます。現在はウドン粉病対策として最低限の銅と硫黄しか使用しません。

こういった畑での仕事、ナチュラルな醸造への転換によって、ラシッチのモンテプルチャーノは劇的に変化します。
トレジャーが初めて彼らのワインを飲んで美味しい!と思ったワインは彼らの2012年モンテプルチャーノダブルッツォでした。ワインの味わいに対して、彼らの畑、醸造の仕事がしっかりと結実した傑作なワインだと思います。

彼らのモンテプルチャーノダブルッツォはとても濃厚な果実味があり、熟成によるまろやかさも備わりとても説得力の高いワインです。濃厚でタンニンも豊富ですがナチュラルな雰囲気と負荷のない素朴さは付近にはなかなかない個性を感じさせます。
 

さらに、モンテプルチャーノロザートが秀逸な出来栄え。ほんのり甘味のある柔らかいスタイルですが、自然な醸造の良さがしっかりと反映されており旨味が凝縮しています。チャーミングですが決して軽くないアロマがあり、抜栓してからとても魅力的な変化をしていきます。かなり長持ちするので是非グラスワインをお勧めしたいです。

2012年から実質今のスタイルで稼働したワイナリーで、エマヌエーレもピエロもまだまだ経験は足りないと自覚しています。ですが、学習する意識を常に持ち、もっともっとナチュラルな良いワインを造りたい!というエマヌエーレ、そしてそれを全力で応援する家族の姿には本当に心を掴まれました。モンテプルチャーノの若き自然派ラシッチの進化をこれからも追いかけていきたいです。
 

ヴィーノ・ロザート

コントログエッラに所有するモンテプルチャーノ種を100%使用。9月中旬に手積みで丁寧に収穫。収穫後除梗してからソフトプレス。24時間デブルバージュを行い、マセラシオン無しで果汁のみ天然酵母でステンレスタンク内発酵、セメントタンクで2~3ヶ月間熟成。So2は発酵前に極少量を添加。しっかりと熟したブドウを使用しているため、濃い外観になっています。元々力強いラシッチのワインをロゼにしたことにより、非常にバランスが良く素晴らしい出来栄え。抜栓後の持ちの良さも抜群です。

モンテプルチャーノ100%

開けたてはイチゴジャム、煮詰めたチェリーのような甘くチャーミングな香り。少しだけ柑橘のビターな雰囲気もあります。空気に触れてから次第にダシ感が表れ、ブランデーのような深い香りに変化していきます。

果皮とのコンタクト無しで醸造されたとは思えない果実味。ロゼですがブドウのパワーが十分に感じられます。少しの甘味と酸味のバランスが秀逸で、飲み飽きない旨味と果実味に魅了されます。

モンテプルチャーノ・ダブルッツォ

コントログエッラに所有するモンテプルチャーノ種を100%使用。ブドウを限界まで完熟するのを待つため収穫は10月中旬。手積みで丁寧に収穫後、除梗後にプレスしてステンレスタンク内で発酵。マセラシオンは7~8日間天然酵母で行います。熟成は大樽で1年間行います。ノンフィルター、無清澄でボトリング。収穫を遅らせた事によるブドウの濃厚な味わいが詰まっており、パワフルでいてナチュラルなモンテプルチャーノ・ダブルッツォです。

モンテプルチャーノ100%

様々なスパイス、ブラックベリー、熟成ハム、キノコ類、リコリスなどの非常に濃く深い香り。大樽と瓶内での熟成による重厚感のある雰囲気。グラスの中で様々な要素が溶け合い甘く複雑な表情を楽しめます。

まさに濃厚な果実味。甘く完熟したたっぷりの果実味が口いっぱいに広がります。豊富な果実味に負けない骨太なタンニンと自然な旨味のある余韻。「自然な造りで重厚なワイン」という希望を叶える珠玉のモンテプルチャーノ。

 

Please reload

  • Black Instagram Icon