Palmoletino パルモレッティーノ

​トスカーナの新たな注目エリアで際立った品質のサンジョヴェーゼを生み出す

イタリア トスカーナ州 グロッセート チニジャーノ

2011年にDOCGに昇格したモンテクッコ。トスカーナの新たな魅力を生み出す比較的新しいエリアで、家族3代に渡って昔ながらの醸造を継続する造り手パルモレッティーノ。1988年に祖母が設立。2009年から孫のドッティ・エリカが引き継ぎました。祖母に自然の素晴らしさを教えられて育ったエリカは、積極的に農業を学び、現在は父のマルコと祖父のロベルトと共に家族で畑仕事とワイン醸造を行っています。祖父はブルネッロのワイナリーの責任者でした。
パルモレッティーノの畑は、西側30~50kmにティレニア海、東にはアミアート山があり、海流の影響を受ける「海洋性気候」。山から吹き下ろす風などの影響で乾燥し、夏でもちょうど良い気温が保たれます。北にある偉大なモンタルチーノと同じ丘陵地帯に属するなど素晴らしい栽培条件に恵まれています。モンテクッコでもエリアによってそのワインのスタイルはがらりと変わります。パルモレッティーノはブルネッロの大手生産者カステッロ・ディ・バンフィの畑がすぐ近くに見える程モンタルチーノに隣接した町、グロッセート県カステル・デル・ピアーノにあります。

所有する畑は僅か8ヘクタール。昔からサンジョヴェーゼ・グロッソを栽培しています。トスカーナの中でも最高水準の伝統的な品種です。家族経営のとても小さな畑ですが、その分細かく丁寧な農作業が行われています。コルドーネ仕立てで栽培されており、高い樹齢の物で70年以上の樹もあり、地中からの様々な栄養、情報をしっかりと吸収し、根が地中深くに張ることで干ばつにも強い耐性をもっています。祖母の代から無農薬で栽培、醸造においては自然酵母で発酵を行っています。自然派という考えではなく、あくまで祖母の代からの昔ながらの造り方を守ることを大切にしています。 

彼女たちのワインは僅か2種類だけ。DOCスカラフォーネはサンジョヴェーゼ・グロッソをフランス産オークの大樽、カベルネ・ソーヴィニヨンを古い小樽で熟成させてブレンドしたワイン。それぞれの品種をマセラシオン2週間。熟成中、年に3回樽の移し替えを行います。サンジョヴェーゼのエレガントで繊細な部分とカベルネ・ソーヴィニヨンの骨格をうまく組み合わせた秀逸なワイン。他のモンテクッコのワインとは一線を画した味わい。若いうちはカベルネのはっきりとした果実感が強く感じてジューシーな美味しさを感じますが、意外にも熟成の効くポテンシャルを備えており、10年間たったVTのボトルでも熟成たサンジョヴェーゼ・グロッソの魅惑的な雰囲気を存分に味わえるワインです。
 

そしてサンジョヴェーゼ・グロッソ100%で造られるモンテクッコ・リゼルヴァはまさにサンジョヴェーゼの魅力を体現したワインになっています。華やかで上品。タイトな質感の果実味の中にしっかりと芯の強さを秘めており、現行のVTでもモンタルチーノのワインに勝るとも劣らない完成度、超熟の可能性を秘めています。数多くの偉大なワインを生み出すトスカーナに於いてモンテクッコも新たな偉大な産地になりえる、というポテンシャルを感じます。


彼女たちのカンティーナは何度も訪問していますが、いつ訪ねても良い意味で本当に普通の農家さん。トスカーナの田舎の家庭という印象。そんな印象からは想像できないワインの完成度。なぜこの素朴な人たちと畑からこんなに素晴らしいワインが生まれるのかしばらくは疑問でした。ただ、モンタルチーノから近い元々ポテンシャルの高い畑と自然な醸造を祖母の代から大切にしてきた畑と家系への愛情が大きいのだと思います。畑や醸造所での最先端のテクノロジー、有名なエノロゴを雇うだけが素晴らしいワイン生み出す方法ではない。パルモレッティーノはそれを気付かせてくれた私たちにとって"偉大なワイナリー"です。
 

パルモレッティーノでは葡萄以外に桃や杏子のジャム、オリーブオイルも作っています。それを販売しているワインショップ、小さいけど可愛らしいB&Bも経営しています。宿泊した朝の食事でパンに塗って食べるパルモレッティーノの無農薬で愛情たっぷりのジャムは格別な美味しさです。 

モンテクッコ・スカラフォーネ

サンジョヴェーゼ・グロッソを伝統的な大樽、カベルネを小樽で12~15ヶ月熟成、瓶内熟成を最低3ヶ月行いリリースされます。

サンジョヴェーゼ・グロッソ85%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%

香りにはチェリーやスミレ、プルーンと甘いリキュールのような魅惑的な香りにドライハーブや少しのスパイスを感じます。

アーモンドやカカオの甘くビターな余韻があり、サンジョヴェーゼの華やかさとカベルネの説得力のある果実感がうまく融合されたワインです。

モンテクッコ・サンジョヴェーゼ・フォンド・ディ・ピオ

9月の下旬から10月に収穫され樹齢50年以上の葡萄の木から手摘みで収穫。中樽のトノーで18ヶ月熟成する。4ヶ月瓶内熟成。

サンジョヴェーゼ・グロッソ100%

苺ジャムの甘い香りと黒胡椒やシナモンのスパイスのアクセント。樽由来のほのかなヴァニラの香りが心地よい。

​やわらかなタンニンと甘い口当たり。しっかりとした旨みと共に長い余韻が楽しめる。

Please reload

  • Black Instagram Icon