Longarico  ロンガリコ

自然保護区域ファストゥケッラでエネルギー満ち溢れたワインを造るワイナリー

イタリア シチリア州 トラーパニ アルカモ

2IMG_1210.jpg

ロンガリコはシチリア州トラパーニ県アルカモの中の自然保護区域である"ファストゥケッラ"に畑を所有するワイナリーです。

彼らの畑は標高400mに位置し、その畑より上では農業が行われていない為今まで一度も農薬などの化学物質に害されていない場所です。

付近には松の木が広がっておりそれがラベルのデザインとなっております。

名前のロンガリコの意味は古代に"ロングロ"と呼ばれていたこの地の先住民が造った町の名前が由来です。

彼らは同じくアルカモのナチュラルな生産者アレッサンドロ・ヴィオラの友人で彼に畑や醸造方を教えてもらいながらワイン造りを行っております。設立から間もなく昨年初リリースされたばかりのルーキーです。

しかし出来上がったワインは本当に素晴らしい出来栄えとなりました。

 

自然酵母で発酵させ、So2は白ワインには極少量、赤ワインは完全に無添加で仕上げていますが、揮発酸や還元などのネガティブな印象は無く、アレッサンドロ自身のワインにも通じる独特な柔らかさと繊細さが感じられます。
シチリアというととても厚く、太陽の恵たっぷりな濃厚なワインを想像しますが、彼らのワインはまったく暑苦しくなくエレガントです。ワイナリーを訪問した時は夏前でもう十分に暑い時期でしたが、ファストゥケッラはとても良い風が吹き、涼しい環境でした。

夏本番には付近に唯一あるリストランテなどを利用したりバーベキューをして現地の人々からは避暑地のように親しまれています。

共同で経営をしていたルイージとセルジオは従兄弟同士。

アルカモ出身でしたが大人になってからは共にペルージャでワイン造りとは関係の無い仕事をしていました。

レストランを経営していたルイージがアレッサンドロと出会い食とワインを通じて意気投合。アレッサンドロが遊びでルイージの自宅に数本のブドウ樹を植えて栽培を始めた事でブドウ作りの楽しさに目覚め、アレッサンドロに相談し、ロンガリコを立ち上げたのです。

ルイージとセルジオ、アレッサンドロと彼女のルチアは家族のように中が良く、そんな彼らから生まれるワインも明るくほっこりとした味わいです。彼らの穏やかでアットホームな人柄が確かにワインに繋がっているのだと思います。

彼らのワインの中でもカタラット100%を3日間マセラシオンして栗樽熟成させた"カタルティコ"は注目のワインです。

グリッロを用いたアレッサンドロのシンフォニアと近い造りですが、畑のエリアと品種の個性の違いがしっかりと感じられ、芯があり果実味全体の骨格とアフターに強めのタンニンを感じます。エトナとは、正反対のネレッロカプッチョを主体とした赤ワインです。

まだまだ産声を上げたばかりのワイナリーですが、アレッサンドロと共に成長を見守りたくなる魅力的なワイナリーです。

ノストラーレ

Nostrale.jpg

自然な醸造でカタラットの個性をしっかりと表現

カタラット100%で造られる彼らのベースワイン。

9月中旬に収穫された葡萄をステンレスタンクで発酵を行い、熟成もステンレスタンク内で7ヶ月行います。

So2はボトリング前にごく少量を加えるのみで、自然農法のカタラットの魅力が詰まったワインに仕上がっています。

名前のノストラーレとは”僕たちのワイン”という意味。

カタラット100%

杏を思わせるボリュームのある香りのアタック。

カタラットの特徴でもあるラベンダーの香りと少しオリエンタルな雰囲気を感じさせます。

しっかりとした酸と余韻のビターな苦味が特徴的。カタラットらしい芯のある味わい。

​カタルティコ

Catartico.jpg

カタラットのエキス全開な味わい

カタラットをマセラシオンした白ワイン。

9月中旬に収穫された葡萄をステンレスタンクで発酵。3日間マセラシオンを行います。

その後、栗の樽の中で8ヶ月間熟成。ノンフィルターでボトリング。

So2はボトリング前にごく少量のみ加えます。3日間の短いマセラシオンですが、エキスや香りはしっかりとワインに反映されています。名前のCatarticoは”浄化”や”純化”を意味します。

カタラット100% 

熟したパイナップル、レモンの葉やハーブの爽やかな香り。

栗の樽由来の少しミルキーなニュアンスがあります。

マセラシオンによる皮の要素が感じられ、たっぷりのトロピカルな香りが楽しめます。

エキスの詰まった豊潤な果実味と力強いタンニン、ミネラルと酸も充実しており非常に飲み応えがあります。カタラットという品種の力強さとポテンシャルを感じさせるワインです。

インソリト

Insolito.jpg

シラーとネレッロをブレンドした「普通じゃない」ワイン

標高550mに位置する「モンテ・ジャート」で栽培されたシラーとネレッロマスカレーゼをブレンドした珍しいワイン。あまり類を見ないブレンドワインなのでInsolito、「普通じゃない」という名が付けられました。

粘土質主体に石灰が多量に混ざった土壌構成。

ステンレスタンクで発酵後、栗のトノーの中で6ヶ月間澱と共に熟成。ノンフィルターでボトリングされます。はっきりとした骨格と、はつらつとした果実味が魅力。

アレッサンドロ・ヴィオラの前身ワイナリー「Uva Tantum」が造っていたアルゲントゥムの若いVTに似ています。

シラー80%、ネレッロマスカレーゼ20%

クローブ、ブラックペッパー、ジュニパーベリーなどのスパイス混ざったインパクトのある香り。ブラックベリーの密度の高いアロマと重なります。非常に香り高く変化が魅力的なワインです。

継ぎ目の無い高密度な果実味と充実した酸味。

タンニンはしっかりとワイン全体の骨格をしっかりと支えています。

シラーならではの心強い果実味、ナチュラルで重すぎない質感が絶妙。

リヴェルス

Riversu.jpg

Riversuとは”反対”という意味。その名前の通りネレッロマスカレーゼ主体のエトナとは違い、ネレッロカプッチョ主体で造られています。9月下旬に収穫された葡萄をステンレスタンクで発酵。

その後栗の樽の中で7ヶ月間熟成。ノンフィルターでボトリング。So2は完全無添加です。

カプッチョ主体での醸造というユニークなワインですが、バランスが良く完成度の高い仕上がりとなっています。

ネレッロカプッチョ100%

野生的なミックスベリーの強い香り。スパイスやインクのニュアンスもあります。

最初はアグレッシブな印象ですが、抜栓して暫く立つと穏やかに変化していきます。

豊富なタンニンとミネラルがあり、少し塩分を感じるような余韻です。

果実味は繊細でエレガント。フレッシュでエネルギッシュな味わいが魅力。

アッロンブラ・ディ・ピーニ

AllOmbraDeiPini.jpg

​ロンガリコ至上最も高い標高で栽培された松林のピノネロ

標高700mに位置する新たな畑「コントラーダ・フンタナッツァ・リス・ナットで栽培。

粘土と石灰の混合土。9月10日~20日にかけて収穫。

ステンレスで自然酵母発酵、熟成はトノーで13ヶ月間。ワイン名の意味は「松の樹の陰で」。

畑のある場所が松林の陰にあるからです。

ピノネロ100% 

甘いイチゴ、ザクロ、フルーツのタルトなどの香りが樽香と合わさり高く華やかに立ち上がります。抜栓後はダシ感も出てきます。熟成させたい雰囲気ビシビシと感じます。

味わい:まさにピュアな果実味。甘みと酸味がキュッと口の中に溢れるようなイメージ。

しかしタンニンはけっこうしっかりとあり骨格は緩くはありません。

しなやかな中にあるたくましさからこのワインに対する熱量が伝わります。