L'Armonia ラルモニア

POPにシンプルに自然と調和したビオディナミ生産者

イタリア ヴェネト州 モンテッキオ・マッジョーレ

ラルモニアのオーナーである、アンドレア・ペンディンはパルマのガストロノミック大学で「食」を学んで行くなかで、イタリア中の多くの自然農法から生まれる食材と出会い感動を覚えました。その中で自然な造りのワインとも出会い魅了されます。デザイナーの仕事をしながら準備を進め、2009年に自らワイナリーを立ち上げました。

彼はヴィチェンツァ県モンテッキオ・マッジョーレに畑を購入し、幼馴染の醸造家に助言をもらいながら、畑を再生すべくビオディナミ農法を6年間継続したのです。自然、土地、そして人々が築き上げた伝統を尊重する事を最優先するという考えで仕事を行い、見事に畑は安定化し、土着品種による自然醸造が可能な状態になりました。

モンテッキオの土壌は泥灰土を含んだカルシウム質の粘土状をしておりますが、ラルモニアの付近では火山質で玄武岩が多く、フリッツァンテと白ワインを生産するのに適しています。大昔には、この土地は海であり、火山の噴火により土地が隆起し、現在のヴィチェンツァの土地を形成しているのです。ミネラルに富んだ土で、エレガントで熟成も可能なワインが生まれると言われています。

ラルモニアが所有する畑は2種類あり、一つは石灰岩の粘土質な土で標高300m。もう一つは玄武岩の火山質の土で標高600mにあります。
玄武岩のエリアにはドゥレッラ、ピノ・ノワール、マンツォーニ、石灰岩のエリアにはカベルネフラン、ガルガーネガ、トレッビアーノが植えられております。
一つのワインを除いてはすべてのワインは複数品種をブレンドして造られます。ブレンドに関しては好意的な考えを持っており、それぞれの品種の特徴を引き出すことにもなり、補う事もできると言います。

新たに今年増えた畑にはマセラシオンに向いている興味深いブドウ、と彼が語るヴェスパイオーロ種が植えられました。

畑付近は海に接近している為、気候は穏やかです。ブドウの樹齢は平均40~50年と高めです。黒ブドウはグイヨー、白ブドウはぺルゴラの仕立てに分かれております。

醸造では亜硫酸の使用は最小限に抑えられています。アンドレアは醸造経験などは元々なかった為、他の生産者や友人の醸造家に教えてもらい、自身も必死に勉強する事により年々ワインのクオリティーを高めています。今では完全に自身が全て醸造を行うようになりました。

POPという名前を付けた理由は、若い人々に興味を持ってもらいという考えからでした。ナチュラルなワインはまだまだ多くの人たちに認知されていない現状であり、若い人々に彼の造るワインをきっかけにしてナチュラルなワインを知ってもらいたいのです。その為に目を引くラベルとテーマをワインに名づけました。そして将来的には、ブドウ畑での仕事を志す若者がナチュラルなワイン造りに携われるような受け皿となるワイナリーになって行きたいと考えています。また、その意識をヴィチェンツァの地域全体の取り組みにする事を目標としています。
彼は元々農家の出身ではない為、こういった情熱が芽生えたのでしょう。しかし販売目的重視には偏らずにあくまで「ワインを売る人」では無く、「ワインを造る人」でありたいと確固たる信念を持っています。

ラルモニアのカンティーナには両親が営む小さなピッツェリアも併設されており、料理上手のアンドレアもピッツァを焼き上げる事があるそうです。畑には人参、キャベツ、ウイキョウなどさまざまな野菜が栽培されており、ピッツェリアの食材、日々の食事に使われています。
現在33歳とまだまだ若いアンドレアはとても明るいキャラクターでいつもおどけた様な雰囲気ですが、畑や醸造、地域に対する考えは真剣そのもので、ヴィチェンツァを愛する気持ちとエネルギーに満ち溢れています。

ユニークなラベルで一見色ものに見られがちですが、自然のおいしさと彼のエネルギーがたっぷりと詰まった個性あふれるワインです。是非一度味わってみてください。

フリッツィPOP

平均樹齢40年のピノ・ネロとドゥレッラを使用。標高は500m以上で、元々火山性の砂質の畑と石灰質と粘土質の土壌の葡萄も含まれます。品種ごとにそれぞれをステンレスタンク内で自然酵母による発酵。その後ブレンド。ピノネロは時間をかけてソフトプレス。ステンレスタンク内で10ヶ月間熟成。ノンフィルターでボトリング後に収穫時凍結させた葡萄果汁を瓶ごとに加えて再発酵。

 ●ドゥレッラ、ピノネロ

レモネードやグレープフルーツジュースのような爽やかさを感じるシンプルながら酵母が溶け込んだ芳ばしい香り。ピノネロの少しビターな土っぽい要素も感じられます。

ドゥレッラのいきいきとした酸味がしっかりと口の中に広がり、その中にピノのコクと旨味が優しく沁み渡ります。良い意味で葡萄ジュース感が強く、ガスが無くなってからもその美味しいエキス感を存分に楽しめます。

ビアンコPOP

平均樹齢50年のマンツォーニ、ドゥレッラ、ピノビアンコを使用。ナチュラルなブドウの旨味を感じる辛口の白ワイン。

標高300~500mの畑で収穫されたブドウをステンレスタンク内で自然発酵、5日間マセラシオンを行い、発酵後にアカシアの古樽で5ヶ月間熟成。

 ●マンツォーニ 、ドゥレッラ 70%、ピノビアンコ30%

花や柑橘系フルーツの完熟したアロマがあり、石灰やミネラルなどのシャープでドライな風味があります。

心地よい酸味でまとめ上げられた引き締まった果実味。自然なブドウのおいしさがそのまま詰まったような旨味のある味わい。

ブリオPOP

標高500m、粘土、砂質ベースの土壌で栽培される平均樹齢40年の葡萄を使用。ステンレスタンクで7日間のマセラシオンを行い、そのままステンレスで10ヶ月間熟成。ノンフィルターでボトリング。フレッシュで爽やかな香りと味わいで染み込むような優しい味わい。

カベルネフラン、バルベーラ、メルロー

甘い野イチゴやブラッドオレンジの爽やかな香り。クローブとほのかに土の風味があります。時間の経過と共にさらにピュアで甘いアロマがはっきりと感じられるようになります。

キュッと引き締まった酸味とミネラルを感じるキメの細かい果実味。爽やかでタンニンの角が無く、身体馴染む優しい味わい。

ペルラ

樹齢70年以上のガルガーネガを使用。畑はモンテッキオ・マッジョーレの標高500m、粘土質主体に石灰を多量に含んだ土壌形成。収穫は3段階に分割され、最初に9月末の酸味の強いブドウ20%を、10月初旬に熟したブドウを60%、そして10月末に貴腐菌付きした超熟状態のブドウを20%収穫します。発酵はセメントタンクとハンガリー産アカシア小樽に分け、温度管理無しで自然酵母のみで行います。セメントタンクでは完熟したブドウを7日間マセラシオンします。その後アカシア小樽に最終的に一緒にして1年間熟成。ノンフィルター、無清澄でボトリングされます。

ガルガネーガ95%(貴腐付20%)、トレッビアーノ5%

クリーミーでほのかにバタリーな優しいアロマとミネラルを感じさせる石灰のニュアンス。徐々に洋ナシや金木犀などの心地良い表情も出てきます。

充実した酸味と、ほのかな苦みのある引き締まったボディ。優しいレモンや洋ナシを絞ったような果実味と貴腐付きブドウから来るややネット リとしたコクのある余韻が持続します。

Please reload

  • Black Instagram Icon