Fratelli Collavo フラテッリ・コラーヴォ

3兄弟が生み出す自然な旨味と華やかさを持つ上質なプロセッコ

​イタリア ヴェネト州 ヴァルドッビアーデネ

フラテッリ・コラーヴォはヴェネト州トレヴィーゾ県のヴァルドッビアーデネ村にワイナリーを構えるプロセッコの造り手です。

1960年代に先代のチェーザレ・コラーヴォがワイナリーを立ち上げ、現在はチェーザレの息子であるマッシモ、マルコ、マウロの3兄弟が力を合わせてワイナリーを引き継いでいます。所有するブドウ畑僅か5ヘクタールしかなく、プロセッコ2種類で合計3万本しか造られていない、スパークリングの生産者としてはかなり小規模のファミリーワイナリーです。

このエリアはローマ帝国時代は温泉街だった為、貴族の別荘地としても栄えていました。そしてコネリアーノやヴァルドッビアーデネの丘は古代遺跡も多く残る事から、"美術的、芸術的な宝物"と形容されるほど美しい場所です。現在は世界的にもトップのシェアを誇るスパークリングワインであるプロセッコを生み出す上質なワイン産地としてもその名を馳せています。

コラーヴォ3兄弟は、畑に対して徹底的にストイックに向き合い、完全無農薬を実践し、畑やブドウ樹自体に病害に打ち勝つ力を備えさせ、そのブドウを自然発酵させることにより、商業的なプロセッコとは明らかに違うピュアで滋味深いプロセッコを生み出します。

彼らには"土地と向き合い、土地と共に生きる"、という2つのシンプルな理念があります。それはワイン畑の問題に立ち向かい、ブドウ樹が必要な物を放出、吸収できるように土そのものの力を高める事に力を注ぐ事です。ブドウ樹の「敵」と戦うのではなく、それらを包括してバランスを再建させ、土を復活させてブドウ樹自身の自然な抵抗力を補強し、自然界のサイクルを支える為に働いている、と彼らは語ります。

世界でも大量に消費されるワインであるがゆえに、商業的な造りや出来栄えが見受けられるプロセッコが多い中、彼らは大量生産には走らず、その代わり、次世代により一層素晴らしい健全で力のある畑を残したい、というこれから先を見た考えを持っています。この考えや行動は実際に畑を強くし、ワインの味わいの奥深さにもしっかり直結していると確信します。

メトド・シャルマのプロセッコ"セットーロ"は洗練されたプロセッコ、という印象です。
華やかでたっぷりのアロマが広がります。飲み心地はプロセッコらしい柔らかさですが、しっかりと余韻があり、ほのかな甘みと旨味を口の中に残してくれます。
エクストラ・ドライですが、酸や果実味がしっかりとあるのでくどくなく、万人に受け入れられる自然に造られた秀逸なプロセッコです。

プロセッコは親しみやすさが一番の魅力ですが、彼らがとことん自然と向き合って生まれた力強く説得力のあるプロセッコは、一度飲む価値があります。


プロセッコが世界中に広がった今こそ、彼らのような小さいながら個性を貫く生産者が輝くと私達は信じています。

コルフォンド

9月最終週に手摘みで収穫。ソフトプレスを行いステンレスタンクで自然酵母で発酵。翌年の春に澱引きをせずにノンフィルターで瓶詰めされ、残りの糖分により瓶内で再発酵を起こします。他のプロセッコよりもさらに亜硫酸を抑えて造られており、澱からの旨味と個性と合わさり、自然でドライな果実味が楽しめます。リリースしてから暫くは穏やかなフルーティー感が際立ちますが、瓶内での澱との接触が長くなるにつれ複雑味のある味わいになり、ドライなコクが強まります。

 グレラ90%、ビアンケッタ・トレヴィーゾ5%、ぺレーラ5%

澱由来の酵母感のあるミネラル香と白桃のようなフルーティーさが感じられます。穏やかで清涼感のある自然なアロマがやさしく広がります。

彼らの中でも特にSo2が抑えられている為、非常に自然でスムーズな飲み心地が味わえます。瓶内での澱との接触を続ける事により、今後さらに複雑味を増していきます。

セットーロ

9月後半に手摘みにて収穫。プレス後フリーランのみを15日間ステンレスタンクで自然酵母で発酵。ステンレスタンク内で2次発酵が終了後に瓶詰め。Settoloは畑の地名に由来しています。シャルマ方式ながら泡はクリーミーで心地よく広がります。So2はプレス後と瓶詰め前に極少量のみを使用。自然農法によって活性化した自然酵母から生まれた上質なプロセッコです。

グレラ90%、ビアンケッタ・トレヴィーゾ、ぺレーラ

藤やアカシア花の香りに加えて、洋ナシとオイリーさも少し有りとても華やかなアロマです。フルーツの香りは良く熟しており、グラスからもはっきりと香りをとる事ができます。

芳醇で柔らかくコクのある果実味。エクストラドライなのでほのかな甘みを感じますが、酸とミネラルの存在感も強く非常にバランスがとれいています。泡はクリーミーで口に広がりやすく、フルーティーながら複雑で旨味を感じる芯のあるプロセッコです。

ブリュット6.0

9月最終週に手摘みにて収穫。ソフトプレスを行い15日間ステンレスタンクで自然酵母で発酵。ステンレスタンク内で2次発酵が終了後に瓶詰め。名前の由来はワインに残る残糖度を示しています。エチケットに記載されている”Rive di refrontolo”とはコネリアーノ・ヴァルドッビアデーネで限定されている43の上質な単一畑の一つを指します。

 ●グレラ95%、ぺレーラ5%

ゴールデンアップルとレモンの爽やかでフレッシュな香りがあり、時間と共にふくらみのある果実とハチミツのニュアンスが感じられます。

 残糖感が抑えられたコクのある果実味。柔和なミネラル感とシャープな酸味のとてもバランスの良い味わい。フレッシュでありながら飲み応えもある非常に精度の高いプロセッコです。

Please reload

  • Black Instagram Icon