Canlibero     カンリーベロ

鮮烈な個性を放つインパクト抜群な無添加ワイン

​イタリア カンパーニャ州 べネヴェント トッレクーゾ

カンパーニャ州べネヴェント県のブドウ農家出身のエンニオ・ロマーノは、グラフィックデザインを仕事としていました。ワインとは違うビジネスをしていましたが、ナチュラルなワインに出会い、そのおいしさに引き込まれていき、2011年に奥さんのメナと共に自身の故郷の畑でワイン造りを行う事になります。

べネヴェント県のトッレクーゾという標高430mにある小さな村に僅か2ヘクタールのブドウ畑とセラーを所有しています。村の中のトッルンピーゾと呼ばれる場所に樹齢50年の樹が植えられた畑があり、石灰質を多く含む粘土質土壌で構成されています。

栽培品種はアリアニコ、ファランギーナ、フィアーノ、トレッビアーノがあり、それぞれ違った個性を持つワインを醸造しています。

彼らのワイン造りの考えは、地域とそのブドウ畑の特性を発見し、その特性をワインに最も反映させる方法を第一に優先させる事です。畑での仕事は無農薬栽培で行われ、緑肥等を使用し、徐々にビオディナミに変換しています。

醸造工程では野生酵母による自然な発酵を行い、その年の恵みとブドウ自身のポテンシャルにのみ頼ると言います。醸造中に一切のSo2の添加、フィルタリング、清澄作業、温度管理も行わずにまさにブドウのみでワインを造り上げています。

最初にボトル詰めされたヴィンテージは2012で、まだ3ヴィンテージがリリースされただけです。しかしながら彼の現在のワインからはすでに「自然にやりきった」ワイン特有の推進力と清々しい雰囲気をはっきりと感じます。

トレッビアーノとフィアーノから造られるフォル・ヴィットリオは、開放槽で8日間マセラシオンを行い、その後栗のトノーで熟成させた高密度で骨格のある白ワインです。アリアニコ100%で醸されるトッルンピーゾはブドウの旨味エキスをダイレクトに感じさせます。

カンリ-ベロのすごいところは、まだワイナリーができて間もなく、エノロゴの介入もない中で一切の迷いもなくこのようなワイン造りをしている事です。毎年収穫や醸造中などに変化を感じており、これから年を追うごとにまだまだ良いワインが生まれるとエンニオは確信しているようです。

これからがとても楽しみですし、その伸びしろは図りしれません。無名生産者とは思えない個性とインパクトのある味わいに必ず驚いて頂けると思います。

ラベルの犬は初めての収穫の時に亡くなった愛犬をモデルにされています。大切にしていた犬を思う気持ちから大犬座と共にラベルを捧げたそうです。

シロ

9月初旬に収穫。プレスを行いステンレスタンクで発酵&10ヶ月間熟成。移し替えは2回。瓶内で最低2ヶ月間熟成。ノンフィルター、無成清澄で瓶詰めされます。マセラシオンしないシンプルな醸造を行う唯一の白ワイン。シロという名前は、エンニオ曰く「興味をかきたててくれる場所・日本へのオマージュ」。Vフォーヴィットリオとイアステンマの残りの葡萄から生まれるセパージュという縛りがない立ち位置で、「白色」ということが、このワインの唯一の変わらない要素だという理由もあります。エチケットの犬の後ろに星座の代わりに息子のヴィットリオ(本当に可愛いやんちゃ坊主)が描いた絵を入れました。So2無添加。

ファランギーナ90%、トレッビアーノ10%

フレッシュで柑橘系のアロマが爽やかに香ります。カンリーベロではかなりレア。シンプルながらチュラルで心地よい。彼らの畑の美しさを体現したようなワイン。
例えるならばナチュラルで美味しいグレープフルーツジュース。果皮の重りを取ったピュアな美味しさ。ある意味一番彼らの考えや環境を表現できているワインかも。

ブイ・フォー・ヴィットリオ

トレッビアーノは樹齢40年以上の古木。開放木樽で8日間マセラシオン。ステンレスタンクで10ヶ月間熟成、ノンフィルター、無清澄で瓶詰めされます。名前は息子のヴィットーリオと映画のタイトルをかけ合わせて名づけられました。フレッシュなたっぷりの果実味と果皮のボリュームのバランスが絶妙なワイン。So2無添加。

トレッビアーノ70% フィアーノ30%

黄桃、レモン、蜜柑、蜂蜜、メープルのような完熟した果実の華やかな香り。ドライハーブ、紅茶、スパイスなどの複雑さもあり、時間が経過するとさらにまとまりが良くなり濃密な香りが立ち上がります。

大量の果実味が詰まった充実した味わいがあり、ほのかなタンニンと酸味がバランスよく溶け込んでおり飲み応えがありますが、身体に負荷を感じない飲み心地を兼ね備えています。

イアステンマ

カンリ―ベロのなかで一番の長期マセラシオンワイン。標高430mの畑で栽培されたファランギーナ種を100%使用。開放木樽で発酵、ステンレスタンクに移し替えて16日間マセラシオン。その後果皮と分離させてステンレスタンク内で7ヶ月間熟成。ノンフィルター、無清澄で、瓶詰めまでSo2無添加。ファランギーナのイメージを覆すようなワインとして造られており、名前のイアステンマとは神への冒涜を意味する"べステンミア"のこの地方での方言が由来。非常に力強い味わい。

ファランギーナ 100%

長期マセラシオンによるボリューム感の強い充実したアロマ。蒸留酒のような深みと共に麦わらや煮詰めた黄桃のような強い果実香がグラスから溢れ出します。

​しっかりと抽出されたエキス溢れる果実味。ドライなタンニンと酸味もしっかりとした骨格を持っています。余韻には深くビターなコクを力強く感じます。生産者の情熱が宿った素晴らしいファランギーナです。

ピンク・フロイド

標高477m、白亜質、粘土質土壌、樹齢50年の古木のアリアニコを使用。10月中旬に手摘みで収穫。除梗してプレス。マセラシオン無し。ステンレスタンクとイルピニア産栗樽で計10ヶ月間熟成。移し替え2回。So2無添加。無清澄。ノンフィルター。温度管理無し。ナチュラルで爽やかな飲み心地と旨味炸裂なロザート。名前はロック好きのエンニオの発案で有名なバンド名から。

アリアニコ100%

シロップに漬け込んだサクランボのようなフレッシュで甘い香りがたっぷりと充満。ほんのりと

栗の樽のまろやかな香りがあります。

充実した酸味の中にほんのわずかな甘みが溶け込みじんわりと優しいタンニンと自然な旨味が

広がります。果実の充実感を持ちながら重さをほとんど感じさせない最高の飲み心地。

トッルンピーゾ

ワイン名は畑の名前から。10月下旬に手摘みした樹齢50年のアリアニコを使用。開放式円錐型の樽で、温度管理をせずに野生酵母15日間マセラシオン。ステンレスタンクで12ヶ月熟成後にノンフィルター、無清澄で瓶詰め。So2無添加。

アリアニコ100%

フレッシュでトーンが高く酸味を感じる赤い果実、甘いスパイス、ローズマリーやバジル等のハーブ感。土のような印象も有りますが、時間の経過と共にビターチョコを連想させる変化をしていきます。

はっきりとした伸びのある上質な酸味があり、しなやかながら旨味エキスがじゅわっと広がる芳醇な果実感。どんどんとまろやかに穏やかで引っ掛かりの無い味わいになります。

スーパーサンニオ

樹齢17年のカベルネを10月の中旬に手摘みで収穫。自然酵母で開放木樽で16日間マセラシオン。その後ステンレスタンクに移し替えて9ヶ月間熟成。移し替え3回、無清澄、ノンフィルター、 So2無添加。国際品種を用いたサンニオのワインという事で"スーパー・トスカーナ"をもじって、"スーパー・サンニオ"と名付けられました。遊び心を持つエンニオらしいネーミング。カベルネもカンリ―ベロが造れば葡萄の旨味たっぷりな明快で自然な味わいに。まさにスーパーな味わい。

カベルネ・ソーヴィニヨン100%

濃厚なブラックベリー、甘いカシスリキュール、バルサミコ、土とスパイスなどのカベルネらしいフレーバーが溶け込んだ自然でフレッシュなアロマ。

豊潤で張りのある旨味たっぷりの熟した果実味と、上質で洗練されたタンニンや酸が広がる絶妙なバランス感と飲み柔らかさ。骨格の強いカベルネを自然に優しく表現。アリアニコとうまく差別化された秀逸なワイン。

ラスポーネ

10月初旬に収穫したアリアニコを使用。30%除梗、残りは開放樽で全房発酵。24日間マセラシオン。8ヶ月間栗の樽で熟成。4ヶ月間ステンレスタンクで熟成(3回移し替え)、2ヶ月間ボトル内熟成。ノンフィルター、So2無添加。一部のアリアニコに梗の部分が赤くなり熟れきった状態の葡萄を発見。全房発酵に適している可能性を感じ、今回初めてチャレンジすることになりました。ワイン名の意味は…いつも紳士なエンニオの少し挑発的な一面から。

アリアニコ100%

赤系ベリーの香りとスパイスとハーブが深く香ります。
驚くほどフルーティーな味わいが炸裂します。甘い果実感とタンニンのドライな質感のバランス
が絶妙。

Please reload

  • Black Instagram Icon