top of page

Ca ' del Conte カ・デル・コンテ

超越したオルトレポ!生命力に満ち溢れる独創的なワインと絵本の世界観

イタリア ロンバルディア州 リヴァナッヅァーノ・テルメ

IMG_9864.jpg

ロンバルディア州パドヴァ県オルトレポーに属する町「ボゲイラ」で2003年に設立、2012年に元詰めを開始した小さな生産者です。前当主「パオロ」の両親からの遺産である畑を引き継ぎ、環境保全活動に対する強い意思を持っていた父パオロと、ガストロノミー大学で学んだ経験からナチュラルワインに興味を持った娘の「マルティーナ」2人でワイン造りを始めました。

 

所有する畑はワイルドで生命力に満ち溢れています。標高370mに位置し、なだらかですが角度があり日照条件にも恵まれています。畑内には葡萄以外の植物をあえて共生させています。極端に増やそうとしなければ自然な範囲内での共生は土地に良い影響を与えると考えているからです。畑の真横には手つかずの森があり、そのおかげで虫や病害などのリスクが軽減されているそうです。

 

一部の白ワインは長期マセラシオンを行います。このエリアの脆い石灰を含む強い粘土質土壌から生まれる濃密な果実感と果皮に漬け込むことにより生まれる骨格の強さ、そして自然酵母発酵、亜硫酸を一切使用しない限りなくナチュラルなワイン醸造から非常に力強く豊潤な白ワインを得意とします。亜硫酸に支配されないカデルコンテのワインは他のオルトレポーの生産者のワインとは明らかに一線を画す独自の魅力を持ったワインです。

 

栽培品種は、シャルドネ、ピノ・ネロ、リースリング、ピノグリ、ピノビアンコがあります。パオロが個人的に好きな品種である「ティモラッソ」も近年になって栽培が開始されています。エリアとしてもトルトーナに近いとはいえ、ロンバルディア州でこの品種を醸造する事はとても興味深いです。そしてピノ・ネロもまた特徴的で淡くもエキス感の強い独創的なロザートや、野性的で超熟可能なアストロ・ピノ(宇宙のピノ)というワインもカデルコンテの代名詞です。

IMG_4150_edited.jpg

カ・デル・コンテのワインはビジュアルも異彩を放っています。エチケットの個性的なおじさんとおばさんのキャラが印象的です。これは自分達の育てているブドウ樹をそれぞれイメージしており、樹齢を人の年齢に合わせて外見も描かれています。約50年の樹齢のブドウ達と付近を見てパオロは「僕のおばちゃん達は今日も元気だ!」とユーモラスに話していました。パオロの葡萄への愛情が表れた素敵な表現です。

このエチケットは友人でパオロの故郷クレモナのアーティストである「マルゲリータ・アッレグリ」が描いています。漫画を描いたりイラストの先生をしているとても忙しい人なので時間が取れずにラベルデザインにはけっこう時間がかかるそうですが、カデルコンテの一つ一つのワインに対するテーマを可愛らしく表現し、さらに法律上定められているラベルの表記関連も全て対応してくれる頼もしい人なのです。
 

このようなナチュラルなワイン造りの元々の発起人はマルティーナでした。彼女は父親譲りの探求心と行動力を持っており、VinNaturやViniveriに参加していく中でピアチェンツァのアンドレア・チェルヴィーニらと交流を深め、家族のワインもナチュラルなワインにしたい!という重いが芽生え、パオロにラディコンを飲ませたりして説得を行いました。昔ながらのコルテーゼやありきたりなピノグリージョのフリッツァンテを飲んできたパオロにとってラディコンの長いマセラシオンと自然酵母のエキス感は大きな衝撃を与えたそうです。

 

そういった経緯があり、パオロの畑への考えである自然との調和、未来の子供達に残せる自然環境を残そうという考えから実践する無農薬栽培への強い考えと、ラディコンやアンドレア・チェルヴィーニ達から刺激を受けたナチュラルなワイン醸造をやろう!というマルティーナとの父娘の情熱が融合してカデルコンテのワイナリーとしての道筋が決まっていったのです。実際の醸造に関しては素人だった彼女達はアポデーレ・イル・サントを去ったエウジェニオにアドバイスをもらいながらナチュラルなワインを造り始めました。

しかし非常に強いパーソナリティーを持っていたパオロ。マルティーナとお互いのワイン造りの強いこだわりと情熱が徐々に衝突していくようになりました。そして2016年頃からマルティーナはワイン造りから距離を置くようになり、彼女はボゲイラを離れてロンバルディア州の環境保全団体の職員の仕事に就きました。このころからワイン造りは基本パオロのみが行っていましたが、マルティーナは仲が悪くとも収穫の時だけは手伝っていたそうです。


30年間体育教師をしていたパオロは、とてもエルギッシュな男でした。出会った時の年齢は64歳でしたが、ケンカ別れ状態だったマルティーナ抜きでも元気に畑の仕事、醸造を兼任していました。栽培や醸造を0から学んできたパオロは昔から「無知と戦ってきた」と言いました。知らないことは恥ずべきことではないが、知ろうと思わないことは愚かだと言っていました。教師時代にはボスニア等の戦後復興支援やボランティア、発展途上国での開発支援などに参加し、イタリアという国を飛び越えて様々な人生を歩んでいきました。とにかく行動力がある人だったのだと思います。

 

出会った当時の印象は穏やかでユーモラス、会話にたくさんのジョークが混じる陽気で自由で豪快な雰囲気な男だと思いました。ワインの味わい以外にも彼の地域の環境保全の考えの強さに心を打たれました。正義感が強く、愛情深く、この先の子供たちのことを熱く考える人でした。

IMG_9848.jpg
06ca672e-adf5-4240-aeb4-3c8b61242c2c.JPG

娘との関係は相変わらずでしたが精力的にワイン造りを行ってきたパオロ。新しい葡萄を植えたり、2019年には畑の目の前に醸造場を完成させたり、順調にワイナリーを成長させてきました。しかしこれからやりたいことがまだまだたくさんあり、情熱が溢れている中の2021年の収穫後に病魔が彼を襲い、それからわずか1年足らず2022年7月にこの世を去りました。病床で最後の最後まで葡萄の収穫の準備の心配をしていたそうです。

 

父が他界したことによりワイナリーの事後作業は娘のマルティーナに全て降りかかりました。父を失ってから1ヶ月後には葡萄の収穫をしなくてはいけなかったり、ワイナリーの事務作業にも追われ、私が訪問した2023年4月までの約半年間、彼女はまともに寝ることもかなわない程に多忙な日々を送っていたそうです。人手が必要な収穫時にはカステッロディステファナーゴという生産者達も協力してくれたりと周囲のサポートに助けられましたが、結局ケンカ別れ状態のまま別れてしまった父との言葉にできない悲しみを抱えていました。

 

しかし悩みはしましたが一度はワイン造りへの情熱を持っていた彼女は再び自分の心に火を灯し、父からこのカデルコンテを継承する決意を固めました。

パオロは亡くなるその時まで自身が死ぬとは微塵も考えていなかったそうでしたが、マルティーナは医師から余命を知らされていたのでそれとなくパオロに事務的な質問をしてみましたが、パオロは「マルティーナ、俺は死なないからそんなこと心配いらないぞ!ガハハ!」と笑い飛ばしていたそうです。なので所有権の移行などの手続きは非常に困難でしたが、なんとか無事カデルコンテはマルティーナのワイナリーとして新たな船出ができました。

 

現在でもまだまだマルティーナは多忙なワイナリー仕事に追われています。しかし畑の仕立てを見直したり、パオロが醸した熟成中のワインをボトリングしたりと着実に前へ進んでいます。元々農学やナチュラルワインの醸造に興味があり学んできたのでパオロの方法からより良い方法へと変えられる部分は積極的に変えていくようです。少し雑で豪快な仕立てをしていた父親の名残を感じる樹を見ながら「見てこの樹の剪定。信じられない!お父さん本当に適当なんだから!」と目を潤ませながら空のパオロにクレームを入れていました。

 

ナチュラルなワインという父も愛した味わいの根本は決して帰るつもりはありません。パオロが志半ばだったリースリングのワインの醸造や、父が亡くなった後の畑の選定中に聞いていた時に名前を決めた「ソウル・シュガー」というピノ・グリージョの新しいワインは、亡き父が「ありきたり」と表現したこの品種を素晴らしくユニークで深い味わいに表現していました。マルティーナはこれからカデルコンテの新しい可能性を見出し、さらに強くなった情熱を込めたワインを私たちに届けてくれるでしょう。父譲りの強いハートを持つ彼女ならばきっと大丈夫だと信じています。

Pipibum.jpg

ピビブム
PIBIBUM
FRIZZANTE Provincia di Pavia I.G.T/白泡/750ml

ピノ・ビアンコ爆弾!

スティルワインとして醸されていたピノ・ビアンコから誕生したワイン。

醸造工程中でうまく発酵しきらず、どうしようかと考えたパオロは、収穫時冷凍保存していたシャルドネのモストを加えて瓶内二次発酵を行いました。その試みは成功し、カ・デル・コンテ初のスパークリングワインが誕生しました。

おそらく数十日マセラシオンしていると思います。So2無添加。偶然が生んだ良作です。

ピノ・ビアンコ100%

意外にも爽やか!

クリスピーな酵母の香り、奥の方に熟れた南国フルーツ系、アンズ、ライチ、マンゴーがほんのりと香ります。

非常にナチュラルなテイストでドライ。

塩味と硬質的な苦みを感じる喉を心地よく通り、たっぷりの果実味。澱の絡んだ旨味がじんわり。

FIESTA.jpg

フィエスタ
FIESTA
ROSATO FRIZZANTE provincia Pvia I.G.Tロゼ泡/750ml

陽気でキラキラ光るようなピノ・ネロ・フリッツァンテ

スティルワインとして醸されていたピノ・ネロから誕生したワイン。

ピピブムと同じく醸造工程中でうまく発酵しきらず、収穫時冷凍保存していたシャルドネのモストを加えて瓶内二次発酵を行いピピブムの兄弟スパークリングワインとして誕生しました。

こちらも正式な醸造データがもらえていないのですがベースのピノ・ネロはおそらく24~48時間マセラシオンしていると思います。亜硫酸も無添加。

昔造られていた「アゾール」と「ペルテ」のフリッツァンテ版。So2無添加。

ピノ・ネロ100%

野イチゴ、土を思わせるワイルドなナチュラルストロベリージュースのような心地良く新鮮な香り。

塩味を感じるミネラル。ドライだけど軸の強さがありコクと果実味がたっぷり。

重さは無く軽やかさを表現できていて偶然生まれたとは思えない秀逸な出来栄え。 

オプルス.jpg

​オプルス
OPULUS
Bianco provincia Pavia IGT/白/750ml

熟れた果実味感がたまらない30日間マセラシオン

オプルスとは畑の支柱である「カエデ」の意。

ピノ・ビアンコとシャルドネの2種合わせて造られます。9月上旬に手摘みで丁寧に選果しながら丁寧に収穫。品種ごとにプレスされ、ステンレスタンク内で天然酵母で温度コントロール無しで発酵、皮と一緒に30日間の長期マセラシオンを行います。

発酵完了後にアッサンブラージュされ、ステンレスタンク内で約9ヶ月間熟成されます。

ボトリングはノンフィルターで行われ、全ての工程でSo無添加。

ピノ・ビアンコ60%、シャルドネ40%

熟れたビワ、スイカズラ、樹脂、蜂蜜、バター、濃厚でオイリー。

酸化的な雰囲気と超熟した果実の甘い香りが溶け合った独創的な香り。

果実味の中にあるエキス感、甘み、旨味、コクと余韻などとにかく充実感の高い豊潤な美味しさ。酸もバランスが良く持続性があります。ナッツや紹興酒の飲んだ後のような独特の余韻。

フェニーチェ.jpg

フェニーチェ
​FENICE

白/750ml

葡萄からワインへの転生”不死鳥”という名のワイン

イル・カステレット(小さな城)という石灰を多く含む標高320mの畑で育った樹齢41年のシャルドネを100%使用。フェニーチェとは「葡萄がワインに生まれ変わる」という考えから。

9月上旬に手摘みで丁寧に選果しながら丁寧に収穫。

ソフトプレス後ステンレスタンク内で30日間マセラシオン。

ステンレスタンク内で約9ヶ月間熟成されます。

ボトリングはノンフィルターで行われます。So2無添加。


シャルドネ100%


完熟リンゴやドライハーブ、硬質なミネラルの雰囲気。

石灰質の特徴を強く感じます。ピュアで穏やかな以前とは違う魅力を持った雰囲気。


洗練されたしなやかで淡い中に芯のある果実味。

じんわりと自然な旨味を無理なく味わう事ができます。

樽も果皮も使わずに自然な旨味を押し出した希少なシャルドネ。

NOAH.jpg

ノア
​NOAH

Bianco Noah Provincia di Pavia I.G.T 白/750ml

嵐の後の渇き

ノアとは「嵐の後の渇き」を意味します。神話ノアの箱舟から。

嵐により地滑りが起きた跡地に植樹された畑の葡萄を使用したことから命名。

石灰豊富な僅か1ヘクタールの畑で、リヴァナッツァノ・テルメでパオロが最も興味を抱いていた品種ティモラッソへの探求心から2015年に植樹されたそうです。9月末に手摘みで収穫。

破砕・除梗した葡萄をステンレスタンクで温度管理無しで自然酵母発酵。

2022年3月まで補填することなくトノーで2年間熟成。ノンフィルター、So2無添加。


ティモラッソ100%

熟れた杏子、マルサラが溶け合った濃い果実と酸化的な雰囲気が溶け合った香り。

酸の充実感があり、濃い果実が重く感じないような独特のバランス感があります。

熟成感と旨味のある持続的な余韻。

Nuvola-Bianca.jpg

ヌーヴォラ・ビアンカ
Nuvola Bianca
Bianco Provincia di Pavia I.G.T 白/750ml

オルトレポー唯一のピノビアンコ

ヌーヴォラ・ビアンカは「白い雲」という意味。

エチケットにはおデブのイラストが、彼の願望を入れ込んだ雲と一緒に描かれています。

シャルドネとリースリングは樹齢40年の石灰を多く含む層、ピノ・ビアンコは樹齢13年の泥質に少しの石灰。9月上旬収穫。ステンレスで自然酵母発酵、マセラシオンは40日間。

その後フランスオークの古いバリックで8ヶ月間熟成。ノンフィルター。

オルトレポー・パヴェーゼで唯一のピノビアンコを使用したワイン。

このワインで彼らが表現したかったのは、環境に対するリスペクトです。

その思いがエチケットの雲の中に描かれています。So2無添加。


●ピノ・ビアンコ50%、シャルドネ40%、リースリング10%

完熟したアプリコットのような甘くスパイシーな濃密な香り。


濃厚で甘美なとろけるような果実味とビターで密度の高い余韻。

アストロピノ.jpg

アストロピノ
ASTROPINOT
Pinot Nero Provincia di Pavia I.G.T 赤/750ml

これを飲めば宇宙まで飛べるかも、ぶっ飛んだピノ

イル・ボスコの畑で採れた樹齢50年のピノネロ100%使用。

石灰と硫黄成分を多量に含んだ泥・粘土質。

アストロピノとは「宇宙のピノネロ!」という意味。

それぐらい突き抜けた出来栄えのピノという気持ちから名付けられたそうです。

収穫は9月上旬。手積みで丁寧に収穫されて除梗後にプレスされます。

ステンレスタンク内で天然酵母で発酵、マセラシオンは12日間。

熟成は3/4はステンレス、1/4はバリック。その後アッサンブラージュ。

ボトリングはノンフィルターで行われます。So2無添加

ピノネロ100%

野生の赤い果実を濃縮したような深いベリー香。

土やスパイス香の合わさった鮮烈なアロマ。以前のような野性味は控えられ明るい表情に。

一般的なピノとは趣の違うジューシーで豊潤な果実味。

しつこさはなくしっとりとしたアフター。

地域特有の”濃さ”はありまうが、ナチュラルな醸造による唯一無二な美味しさ。

Magush.jpg

マグッシュ
MAGUSH
Vino Spumante di Qualità Brut Metodo classico/白泡/750ml

これを飲めば宇宙まで飛べるかも、ぶっ飛んだピノ

エチケットとワイン名は"魔術師"がテーマ。

まるで実験をするようにボトルに液体を注いでいます。

シャルドネは石灰を多く含む畑、ピノ・ビアンコは泥、石灰分が少ない畑。

9月下旬に手摘みで収穫。葡萄は品種ごとに発酵。果皮と共に自然酵母発酵。

マセラシオンは100日間。2品種をアッサンブラージュ。

ベースとなるワインを一部取り置きしておき加えて瓶内二次発酵を起こします。

2019年にデゴルジュマン。ノンフィルター、So2無添加。

ピノ・ビアンコ60%、シャルドネ40%

熟れた杏子、ビワ、桃などのたっぷりと濃厚な果実の香り。

麝香やスパイスの溶け込んだやや酸化的で甘酸っぱい雰囲気。

キュッとした酸味がたっぷりの果実味に溶け込んだ甘酸っぱい味わい。

旨味も強く濃縮間のあるたくましい果実味。

Mousike.jpg

ムージケ
Mousikè
Riesling Mousikè Provincia di Pavia I.G.T 白/750ml

言葉、音、味、世界の味

 

"ムージケ"とはストリート・ミュージック的な意味があります。

San Francescoという名前の主にピノ・ネロの畑に植わっているリースリングを使用。

約2.5ヘクタールの畑がリヴァナッヅァーノ・テルメの丘に広がっています。

土壌は石灰を多く含む。9月末に手摘みで収穫。

破砕・除梗した葡萄をステンレスタンクで温度管理無しで自然酵母発酵。

2022年3月まで補填することなくトノーで2年間熟成。ノンフィルター、So2無添加。

リースリング・イタリコ 100%

カカオ、ドライアプリコット、ヴィンサント、アーモンドなどが合わさった強烈で濃厚な香りのアタック。

たっぷりと濃厚なフルーツと乳酸的なまろやかな果実感。

ナッツのようなコクのある風味と甘みを感じる余韻。

Soul Sugar.jpg

ソウル・シュガー
Soul sugar
Pinot grigio Soul sugar Provincia di Pavia I.G.T 赤/750ml

華やかで淡いピノグリ・ロザート

 

"SOUL SUGAR"はマルティーナが葡萄の剪定をしながらこのワインの名前を考えているときに聴いていたレゲエアーティストの名前。ピノ・ネロとリースリングの畑に植えられたピノ・グリージョを使用。石灰を多く含む泥と粘土の層、硫化物の浸透がある。樹齢40年以上。

8月末~9月上旬に手摘みで収穫。破砕・除梗したブドウを野生酵母で発酵。温度管理なし。

マセラシオン10日間。一部はステンレスタンクで熟成、残りはトノーで熟成。

アッサンブラージュして、2022年3月に瓶詰。

ピノ・グリージョ 100%

イチジク、チョコ、黒トリュフ、ブルーベリー、マルサラ、キノコ出汁、ミントなどの淡く華やかな香り。

淡い果実の中に出し感がたっぷり溶け込んだ旨味と甘みのあるエキス感。

淡いけど最後のタンニンはしっかりとドライ。

bottom of page