Aldo Viola  アルド・ヴィオラ

圧倒的な熱量を放つワインを生み出すシチリアの鬼才

イタリア シチリア州 トラーパニ アルカモ

アルカモにワイナリーを構えるビオディナミも取り入れた自然農法の葡萄栽培を行う生産者。現地のワインの記事の中には彼の事を"自然派ワイン界のパブロ・ピカソ"と呼ぶ人もいる個性むき出しの生産者です。

そんな彼は同じアルカモのアレッサンドロ・ヴィオラとは実の兄弟。父から受け継がれたピエトロ・リノーサの畑はアレッサンドロと共に分けあって共に無農薬栽培をしています。
彼のもう一つの畑はアルカモから南に下った山間にあるカラタフィーミの奥にある"フェウド・グアリーニ"にあります。彼の主力葡萄品種であるシラーはこちらの畑で栽培されており、フランスのサンジョセフと同じクローンのシラーが植えられてい
ます。この畑は標高400~500mの位地にあり、あたりには巨大な風力発電の風車がいくつも建てられており、一面に強い風が吹きます。いくつもの山の丘が望め、本当に美しい景色です。
同じアルカモでも海岸付近とは全く別の場所に感じます。彼の畑は元々は石灰の石がごろごろとしており、非常に厳しさを感じる場所でした。それを何年もかけて砕き、移し、今の葡萄の環境へと変化させていったのです。その場所からはとても強い自然のエネルギーが蓄積されているのだとアルドは言います。確かに歩いているだけで体力を削られるような"強さ"を感じる場所でした。そういった強い畑での作業後は精魂尽きるような状態になる事もあるそうです。

 

アルドという男と話して一番に印象に残ったワードは"エネルギー"という言葉です。

先程のフェウド・グアリーニの畑だけでは無く、アルド自身からも強い意志のあるエネルギーが発散されているようにう感じました。

ワインや畑の話しをする時は目を思いっきり開いて強い口調で話します。周りから見ると相当変わっている雰囲気が彼から滲み出ています。

 

葡萄栽培、ワイン造りにおける彼の考えや行動は、宗教的で彼は殉教者のような行動と発言を行います。自らは畑のエネルギーを如何にしてワインに落とし込むのか、それを最大のテーマにしています。"仕事"では無く"使命"なのだと語っていました。
彼が行っているワイナリーはビジネスでは無く、それこそが生きる理由だと断言します。出来上がるワインにも並々ならぬ愛情を持っています。

 

そんな彼の造るワインには確かなエネルギーを感じます。畑や葡萄から来る部分と、ワイン造りに人生を捧げているアルドからのエネルギー、その両方がワインに見事に乗り移っているようです。
シラーもグリッロも飲み人を引っ張るような勢いのあるアグレッシブなワインで、その中に強い熱量が感じられ飲む人を引き込むようです。確かにエネルギーの強さを感じるワインなのですが、どこか穏やかで整ったような印象があり、決して難解なワインではありません。説得力のあるワインなのです。

アルド・ヴィオラと初めて会った時は少し難しい人物という印象でした。ですが、彼の考えをしっかりと聞いて打ち解けると優しく、頼りになる人でした。
現在イタリアではシチリアの自然ワインでアルドの名前は最初の方で上げられる事が多く、テイスターから評価をされ、自然なワインの若手生産者も彼の栽培を見学に行くなど支持を受けています。

今まで日本では認知されていなかった生産者ですが、その実力は本物。

ぜひ一度そのエネルギーに満ちたワインを味わってみてください。

ビアンコヴィオラ

アルドが新たに造り出した3種ブレンドの白ワイン。両親から譲り受けた標高280mに位置する粘土質主体のピエトラリノーサのグリッロ、標高500mで石灰質のモンテロンゴで栽培されたカタラット&グレカニコを使用。平均樹齢は12年。

10月初旬に手積みで収穫したブドウを除梗し、ソフトプレスを行いステンレスタンク内で25-35℃で2週間のマセラシオンを行います。そのままステンレスタンク内で6ヶ月間熟成。ボトリング時に極少量のSo2を添加。フィルタリングは澱の集中した最後の方のみ軽く行います。クリミーソやエジェスタよりも親しみやすく明快。"享楽的なワイン"とアルドがこのワインを説明してくれました。彼の新たな一面を垣間見えるワインではありますが、他のワインと共通する芯の強さも十分に感じられます。

グリッロ、カタラット、グレカニコ

水アメを思わせる甘いアロマ、エストラゴンなどのハーブ感とオリエンタルな雰囲気を感じるフレッシュな香りがあります。

柔らかく穏やかな果実味があり飲み心地抜群。一見淡いと思えるような優しさを感じますが、じんわりと旨味と水あめのような甘みが余韻に残り、アルドらしいブドウの存在感を感じます。彼の造る白ワインには無かった明快さに魅了されます。

クリミーソ

アルドが長年追い求めていた”マセラシオンしつつも繊細でエレガントな白ワイン“というテーマを実現させたのがこのクリミーソです。10月初旬にカタラットを収穫し、除梗した状態でそのままプレスせずにステンレスタンク内で葡萄そのものの重みで自然にジュースを搾り発酵。そのまま150日間という長期マセラシオンを行います。ボトリング前に極少量に抑えられ、ノンフィルターです。長いマセラシオンからは想像できないピュアで繊細な印象の上質な白ワインです。

カタラット100%

リンゴのコンフィチュール、セージやアニスなどの複雑で調和のとれたややオイリーな深い香り。さまざまな表情を見せ飲む側を楽しませてくれます。

ピュアな柑橘類を思わせる繊細な果実味。マセラシオンの重みは無くまろやかで洗練された余韻。しなやかで芯のある独特の質感が魅力。

エジェスタ

アルドのワインの中でも強い存在感のある彼の代名詞と言える白ワイン。8月下旬に収穫されたグリッロを除梗とプレスをせずにステンレスタンク内で葡萄そのものの重みで自然にジュースを搾り発酵。そのまま180日間の長期マセラシオンを行います。全ての工程でSo2無添加でノンフィルターでボトリングされます。驚くようなエキス感が味わえる珠玉のグリッロです。

グリッロ100%

ブラッドオレンジ等の熟れた柑橘類の非常にアグレッシブで力強い香り。花やドライハーブのニュアンスが絡み合い、複雑で濃密な強い個性を感じさせます。

豊潤で非常に強い果実味と酸味を持っており、旨味やタンニンと共にたっぷりのエキス感を味わえます。圧倒的なエネルギーを存分に味わえる骨太なグリッロ。

セニエ

フェウドグアリーニの畑で栽培された3種の品種をブレンドして造られたワイン。平均樹齢は20年。

10月初旬に手積みで収穫したブドウを除梗し、ステンレスタンク内で24時間温度コントロール無しでマセラシオン。その後果皮と分離させます。熟成は大樽とステンレスタンクに分けて6ヶ月間。ボトリング時に澱の集中した最後の方のみ軽くフィルタリングを行います。So2は完全無添加。2016年と醸造方法は変わりませんが、色合いが濃かったため2017年は赤と記載することになりました。濃い外観と重心の低い独特の雰囲気を放つ深い奥行き。

フェウドグアリーニとアルド自身の魅力を新たに実感させてくれる卓越したワインです。

ネレッロマスカレーゼ40%、ぺリコーネ30%、シラー30%

フランボワーズのピュレ、ジャム、ブランデーなどの複雑で重心の低いビターなアロマ。ロゼらしからぬ深遠な雰囲気に驚かされます。

しっかりとした骨組みとなる酸味と、赤ワイン顔負けな充実したエキス感。タンニンも程良くあり味わいに緩みがありません。キャラメルのような独特の旨味と淡い塩味があり、セニエを行ったとは思えない存在感を醸しだしています。

モレット

ロザート"セニエ"と同じく、フェウドグアリーニの畑で栽培された3種の品種をブレンドして造られた赤ワイン。8月下旬~9月上旬に手積みで収穫。発酵はステンレスタンクで行い、温度コントロール無しで2週間マセラシオン。ボトリング時に澱の集中した最後の方のみ軽くフィルタリングを行います。So2は完全無添加。アルドの赤ワインの中で、もっとも親しみやすく、素直な果実味を感じるワイン。アルド自身も"解りやすく気を使わずに楽しめるワインだ"と語っています。

ネレッロマスカレーゼ、ぺリコーネ、シラー

バルサミコやミックスベリーのフレッシュな香り。その中にケイパーやローズマリー、ブラックペッパーのややスパイシーなニュアンスが溶け込んでいます。抜栓後の甘い香りは非常に魅力的。

甘酸っぱいジューシーな果実味と、細かいタンニン。塩気を強く感じる個性的な余韻が食欲を刺激してくれます。しっかりと詰まった美味しさがありますが、スルスルと飲める優しさがたまりません

コチネッラ

フランスのサンジョセフから仕入れたシラーの苗木をフェウド・グアリーニでビオディナミ栽培。そのシラーを9月上旬に収穫し、ステンレスタンク内で自然発酵。マセラシオンは15日間。そのまま10ヶ月間熟成後にノンフィルターでボトリング。瓶内で最低2ヶ月間ボトル内熟成。So2完全無添加。ナチュラルな醸造によるアグレッシブな部分と洗練された味わいが両立された個性的なシラーです。

シラー100%

フレッシュだが落ち着いたフルーツやラベンダーの華やかな香り。バルサミコ、ミント、ローズマリーを思わせる複雑さを持ち合わせています。

明快でジューシーな果実味。全体に浸透したしっかりとした酸とミネラル感によるエレガントな余韻。ケイパーやオリーブなどの独特の個性的なニュアンスも感じられます

グアリーニ・プルス

グアリーニの収穫したシラーの中でさらに状態の良かった葡萄のみを用いて醸造されます。9月初旬に収穫後、除梗をしないでトノーで自然発酵。15日間マセラシオン。9ヶ月間熟成。こちらもSo2は不使用です。上級版だけあり非常に完成度が高く、フェウド・グアリーニのポテンシャルの高さを体感できます。

シラー100%

カシスを中心とした練れたベリーの香りの中にバルサミコとスミレ感。ほのかに樹木やメントールのニュアンスが感じられます。樽熟成により落ち着いた雰囲気を持ち、甘いスパイス感も楽しめます。

密度が高く、上質でたっぷりの果実味を味わえます。タンニンはアフターにも強く残りますが、甘い果実味とのバランスが良く飲みづらさはありません。樽熟成のまろやかさと練れた果実味に素直においしいと感じられる良い意味でのわかりやすさが魅力です。

シヴァ

名前はヒンドゥー教のシヴァ神の意。これまで造られてきた年は05,08,10年のみの限られたヴィンテージのみに造られてきたワイン。05年はネロ・ダーヴォラを主体に造られていますが、年によりセパージュは変更されます。その年の天候、それぞれの品種のブドウの状態などを良く考え、その時のアルドの最大限の知識や経験を費やして比率や醸造方を変えていく実験的で意欲的なワインです。2005年はステンレスタンク内で自然発酵後に古いフレンチオークで1年間熟成。その後瓶内で5年間熟成されてからリリースされました。

ネロダーヴォラ70%、カベルネソーヴィニヨン20%、シラー10%

熟成により落ち着きがみられますが、ネロダーヴォラらしいボリューム感は失っていません。煮詰めたチェリーとスパイスやリコリスなどの甘く複雑な香り。さまざまな要素が混ざり合い濃密なアロマに変化しています。

熟成により洗練された甘くエキス感の強い果実味が口の中でたっぷりと広がります。バランスのとれた酸味が余韻までバランス良く味わいを持続させます。ネロダーヴォラ主体にしてこのエレガントな出来栄えに驚く。

Please reload

  • Black Instagram Icon